仕事でたまったストレスのおすすめ解消法

ストレス解消法

仕事をしていて、ストレスをためない人はいないでしょう。

また、それだけ仕事に対して真剣に取り組んでいる証拠でもありますから、そこはポジティブに捉えたいところです。

ですが、ストレスはためすぎると体にも影響が出てしまいますし、プライベートの充実も難しくなってしまいますよね。

ですから、日頃からストレスを解消する手段を身に着けておきたいところです

 

そこで今回は、多くの人が実践している、仕事でたまったストレスを解消する方法をご紹介します。

 

小さな達成や成功へのご褒美を自分に与えてあげる

まず初めにご紹介するのは、仕事の中でストレスを抑える、もしくはそれ以上の充実感や達成感を得ることで、ストレスを無くしていく方法です。

仕事の中で、ためているストレス以上の充実感が得られればその分だけストレスはたまりにくくなるものですから、仕事の中で意図的にそうした取り組みを持つことは大切でしょう。

 

それでは具体的な手法について、二つご紹介します。

 

楽しみを用意することでストレスを低減

まず取り組みたい事は、仕事の中で楽しみを用意する事です。

例えば、考えることが好きなのであれば集計したり企画をしたりする時間を意図的に増やしてみたり、作ることが好きなのであれば、ものを作る、制作する時間を意図的に増やしてみたりすることで、仕事の中に楽しみを増やすことが大切です。

 

もし好きな事が思い浮かばない場合は、自分は何が好きなのか考えるところから始めてもよいかもしれません。

好きな事というのは仕事に直結していなくても構いませんので、まずは客観的に自分を見つめることから始めてみましょう。

 

また、仲良く話せる同僚を作るという事でも構いません。

環境にいる事が楽しみというのはとても素晴らしい事ですし、幸せな事です。

ですから、同僚と会うことを楽しみにしてストレスを軽減するという事も大切です。

 

達成できる目標を設定する

仕事における楽しみとしてもう一つご紹介するのは、目標をクリアすることによる達成感を用意することです。

人の脳は、ご褒美を上げることで高い実力を発揮するようにできています。

ですから、達成可能な目標を設定して充実感を得ることでさらにやりがいが生まれ、前向きに仕事に取り組むことでさらに成果が出やすくなるというよい循環が生まれるようになります。

 

高い目標を設定する必要はありません。

これなら達成できるという目標を自分で設定することが大切です。

それを積み重ねることで、少しずつストレス以上のやりがいがあなたの毎日を充実させてくれることでしょう。

 

自分の時間を確保し、好きな事に取り組む

続いて紹介するのは、仕事以外でのストレス解消法です。

仕事中にストレスを抑える方法があるとはいえ、それでも対処しきれないストレスは存在するものです。

ですから、プライベートでもストレスを解消できる場所を用意しておきましょう。

 

趣味などの息抜きができる環境を作ることでストレスを解消

まずはおすすめなのは、趣味を楽しめる環境を持つことです。

自分が心から安心して過ごせる場所をあなたは持っていますか?

ありのままの自分でいられる空間は、常にあなたの味方になって心を癒してくれるはずです。

 

それは運動でもよいですし、文化的な趣味でもよいのです。

山に登って新鮮な空気を吸ったり、図書館に通って文学に触れたり、もしくは音楽フェスで思いっきり歌うのもいいかもしれませんね。

自分だけが居心地よく過ごせる場ですから、誰かの目を気にする必要もありませんし、さまざまな楽しみ方があるはずです。

休みの日だけではなく、仕事の後でも気軽に楽しめる空間だとなおよいでしょう。

 

そうした空間を大切にすることで、少しずつストレスは消えていきますよ。

 

楽しみを計画することで、毎日をワクワクさせる

日常的に楽しめる空間も良いですが、非日常を味わえる空間に行く計画を立てることもおススメです。

旅行だったり遊園地だったり、遠くに離れてしまった友人と会う約束というのもいいでしょう。

そうした楽しみを計画することで、毎日ワクワクしながら日々を過ごすことができます。

 

その楽しみは仕事のやる気も引き出してくれますし、人生そのものを充実させる秘訣でもあります。

ですから、まずは旅行雑誌を広げたり、インターネットを活用して計画を立てたりすることから始めてみてはいかがでしょうか。

 

ストレスをためない働き方とは?捉え方ひとつで変わるストレスフリーな生活

これまでストレスを解消する方法をお伝えしてまいりましたが、ここで紹介するのはそもそものストレスをためないようにする取り組みについてです。

実は、同じものを見たり経験したりしても、それがストレスと感じる人もいれば感じない人もいます。

それではこの違いはどこにあるのでしょうか?

 

それは、物事に対する受け取り方、物の見方や前提条件にあります。

最後は、そうしたストレスをためないようにする取り組みについてご紹介します。

 

前提条件を変えることでストレスを軽減する

前提条件を変えるというのはどういう事でしょうか?

その前に、あなたは自分がストレスに感じるときというのはどのような時かを考えたことがあるでしょうか?

 

ひどい失敗をした時、周囲が想定したように動いてくれない時、また、会議や商談に向けて気が重い時などでしょうか。

それらは、前提を変えてあげる事でストレスを軽減できるのです。

 

例えば失敗をした時などは、なんて自分はダメなのだろうと思うのではなく、この方法だとうまくいかないという事を学んだのだと思うようにしてみてはいかがでしょうか。

かの有名な発明王、アインシュタインは、何度も電球の発明に失敗していますが、その度にうまくいかない方法を学んだのだと考えていたと話しています。

失敗というのはあくまでも自分自身の認識なのであって、事実ではありません。

ですから、結果をみながら自分にとってプラスになる捉え方をするように心がけると、ストレスは軽減されていくでしょう。

 

また周囲が想定した通りに動いてくれない時は、そもそもの期待値を下げてみてはいかがでしょうか。

育ってきた環境や経験が異なれば、価値観やスキルに差があるのは当たり前です。

ですから、なぜそんなこともできないのだと思うのではなく、できなくて当たり前、できたらよく頑張ったねという気持ちで物事を捉えていくと、意外と気持ちを楽にして過ごせるものです。

 

客観的に自分を捉えて気持ちを軽くする

もう一点紹介するのは、ストレスを感じた時の気持ちの持ち方です。

もし仕事中にイラっとした時は、ふっと、そんな自分を客観的に捉えるようにしてみてはいかがでしょうか。

これは、ストレスを感じるのはしょうがないと受け入れて、その感情をうまく受け流す方法です。

 

初めは難しいかもしれませんが、怒っている自分を他人事として見る、というイメージです。

そして、そんな自分はどうでもいいやと割り切ってしまいましょう。

そうする事で、怒っている自分をなんとなく切り離してみることができます。

 

一度ストレスが溜まっている自分を受け入れて、その上で自分を切り離して考える。

そうする事でも、ストレスをうまく軽減できるのです。

 

まとめ

ストレスの解消法というのは、人生をよりよくするために持っておきたいスキルのようなものです。

また、仕事をしているとどうしてもストレスは溜まってしまうものですから、上手い解消法を見つけて上手に付き合ってきたいですね。

 

あなたに合ったストレス解消法はあなただけが知っているはずです。

ありのままに楽しめる解消法を見つけて、毎日を充実させていきましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*