【一流の人に共通する】部下を一人前に育成する3つのポイントを厳選

部下を育成する3つのポイント

 

[aside type=”boader”]

この記事では

「部下の育成の仕方がわからない・・」
「部下を育成するためのポイントは?」

そんな部下の育成に悩むあなたに向けて、『部下を一人前に育成するためのポイント』を3つに厳選してお届けします。

[/aside]

上司の大切な仕事の一つ、それは部下を一人前の社会人として育成することです。

個々の成長が組織の成長につながり、そして成果の拡大へとつながっていくのです。

 

ですが、人を育てるというのはとても難しいものですよね。

教えを理解したり身に着くまでに時間がかかったり、そんな部下に対して厳しく当たってしまって関係性が崩れてしまったりと、教育で苦労した経験は誰もが一度は持っていることでしょう。

 

ですが、部下の育成も適切の育成システムを持ち、かつ血の通ったコミュニケーションを図ることで安定的に、かつ飛躍的に成長スピードを伸ばすことができます。

今回は、その部下を育成するためのポイントを3つに分けてご紹介します。

 

目標やビジョンを明確にして努力する方向性を示す

まず、第1のポイントは『目標やビジョンを明確にして努力する方向性を示す』という事です。

人が大きく成長する時というのは、どのような時でしょうか?

スポーツで考えると、レギュラーになりたい、大会で勝ちたい、監督に褒められたい…そうした目標があるからこそ、努力することに一生懸命になるのではないでしょうか。

また、ダイエットでも〇kg痩せたいという明確な目標があるからこそ頑張れるものです。

仕事でも同じです。

基本的に、プロセスというのは単調でやりがいに欠けやすいもの。

ですが、そこに明確な目標があるからこそ、その目標にたどり着いた自分を思い描くことができ、そしてその目標に向かって努力ができます。

だからこそ、部下を育成するときには、その仕事に取り組んだ先にどのような未来が待っているのかを一緒に思い描いてあげることで、自ら意欲的に取り組むことができるようになります。

 

適切なゴール設定で成長を促しましょう

それでは具体的にどのような目標を設定すればよりよく育成できるのでしょうか。

まず初めに考えるべきポイントは、部下がこれまで経験してきた成功体験の数です。

 

目標設定において、「自分ができる範囲よりも一歩踏み込んだ目標を設定しましょう」というフレーズをよく目にしますが、これはその人がこれまでにどのような経験を積んできたかによって差が出ます。

例えば、これまでに数々の受注を獲得して豊富に成功体験を積んでいる営業マンにとって、過去最高の受注を獲得する事は大きな意欲的な目標になります。

ですが、一度も受注できていなかったり目標をことごとく達成できていなかったりする営業マンにとっては、目標はそもそも達成できないものという認識を持ってしまいがちです。

彼らにとっては、目標を追うという事そのものがモチベーションの低下につながってしまうのです。

その場合は、まずは目標を達成した自分を経験する事が最優先になるのです。

 

このように、目標はその人に合わせて適切に設定することが大切です。

できるかできないかぎりぎりの目標を追うもよし、必ず達成できる目標を追うもよし、部下一人ひとりに合わせた適切な目標で、部下の歩幅に合わせた育成計画を用意してあげましょう。

 

定期的に進捗を確認し、軌道修正を心がけましょう

目標を設定することはもちろん大切ですが、その後も非常に重要です。

どんなに一生懸命に目標を追っていても、自分一人ではどこかで誤った道に進んでしまったり、もしくは立ち止まったりしてしまうものです。

 

そこでポイントとなるのが、上司であるあなたから見た客観的な意見です。

客観的に部下の取り組みを評価することで、彼らは何がよくて何が悪かったのかを理解するようになり、そして自分の中で物差しを持つことができます。

その物差しを蓄え、調整を加えていくことで、自分一人でも正しい道を歩むことができるようになります。

 

あなた自身も、上司からさまざまな意見をもらったことで、成果につながりやすい考え方や取り組み方を学んできたはずです。

それを積極的に部下に伝えていくようにすると、自然と成長していきます。

 

できたことは褒め、できなかったことは課題を一緒に見つけ出すことが大切

上記でご紹介したポイントは、育成するための仕組みでした。

ここから紹介するのは、その仕組みを存分に活かすためのコミュニケーションについてです。

適切なコミュニケーションは部下の意欲を引き出し、自分から積極的に目標と向き合い、そして達成する原動力となります。

部下の成長に最も大きな影響を与えると言っても過言ではないコミュニケーションのポイントについて、ご紹介します。

 

教育の基本は飴と鞭の使い分けにあり

部下の能力を伸ばすコミュニケーションのポイントとなるのは、飴と鞭の巧みな使い分けにあります。

飴は、使いすぎると傲慢さを生み、手を抜くことを覚えるようになってしまいます。

逆に鞭を使いすぎると、精神的に疲弊して萎縮してしまい、思い切った取り組みができなくなってしまいます

 

ですから、部下のモチベーションを見ながら、上手くいったことは褒めて自信をつけさせつつ、少し気持ちが緩んでいるような時には叱りながら緊張感を持たせることが重要なポイントです。

 

できなかった時はモチベーションを見ながら課題を見つけていきましょう

目標を達成できなかった時や失敗した時も、あなたのコミュニケーション次第で大きく成長するチャンスです。

まず注意したいのは、部下のモチベーションです。

 

うまくいかなかった時、感情は落ち込んだり荒ぶったりしてしまいがちです。

ですから、まずは部下がどのような想いでいるのかをしっかりと見極めましょう。

その上で、何が問題だったのか、どこに課題点があったのかを一緒に見つけていきましょう。

 

その際にはとるべき手段をただ教えるよりも、なぜその取り組みをした方がよかったのかを教える、または自分で気づかせてあげることがポイントです。

よく、魚を与えるのではなく魚の釣り方を教えることが重要だと言われますが、それと同じように手段だけを教えたのでは応用が利かなくなってしまいます。

それでは成長が限定的になってしまいますが、その背景にある考え方を教えるように意識をすると、更に幅広い課題に対応できるようになります。

 

失敗は成功の母とも言います。

これは発明王『トーマス・エジソン』の残した言葉です。

上手くいかなかったことから部下が積極的に学びを得られるように、コミュニケーションを図ることが、育成のカギとなります。

 

できなくて当たり前、広い心で成長を見守りましょう

最後にご紹介するポイントは、部下を育成するときの心構えについてです。

部下を育成するためには、これまでご紹介してきたような育成のシステムを持つことと、適切なコミュニケーションを図ることが重要だとお伝えしてまいりました。

ですが、それらもあなた自身の心構えと部下に対する向き合い方ひとつで結果に大きな影響を与えてしまいます。

 

パソコンに例えるならば、あなたの心構えがOS(有名なものはWindowsですね)に当たり、コミュニケーションの取り方はアプリケーション(WordやExcelなど)に当たります。

OSがしっかりと機能していないと、どんなに優れたアプリケーションも正常に機能しません。

それと同じように、あなたの心構えや部下に対する向き合い方が、部下の成長に大きな影響を与えるのです。

そこで、日頃どのような事を心がければよいのか、そのポイントをご紹介します。

 

リーダーに求められる寛容さ

基本的なスタンスとしては、できなくて当たり前で、できたらよくできたと褒めるという事です。

上司は、これまでに実績を積んだり知識を得たりしているから上司の立場をつかんでいるのであり、部下はそうした経験や知識を身に着けていないから部下なのです。

フラストレーションがたまった空気というのは、部下は敏感に感じ取ります。

そして、そこで萎縮してしまって更に仕事がうまくいかなくなってしまうという育成の悪循環に陥ってしまう事もあります。

 

[aside type=”normal”]今あなた自身が仕事で萎縮してしまっているなら以下の記事がオススメです。

関連記事のIDを正しく入力してください[/aside]

 

緩んだ場を引き締めるという目的で、意図的に怒っている雰囲気を出す、それはよい事です。

ですが、感情が先に出てしまう怒り方にならないように、気をつけましょう。

部下の成長を信じ、今は暖かく見守るスタンスを貫く事。

それこそがお互いのよい関係値を作り、そして飛躍的な成長へとつながっていくのです。

 

部下の失敗は自分の責任という心がまえで取り組みましょう

もう一つ意識したい大切なポイント、それが部下の失敗は自分の責任であるという意識を持つことです。

部下というのは、とてもよく上司の振る舞いや感情を見ています。

また、上司に対して困った時や辛い時に頼りにしたいという想いを必ず持っています。

 

ですが、失敗をした時にかばってもらえなかったり適切な対処法を教えてくれなかったりする上司に対しては、頼りになるという感情を持ちにくいというのが実態としてあります。

部下は、上司という肩書を頼りにするのではなく、上司の自分に対する向き合い方や仕事の取組みを見て頼りにするのです。

ですから、常日頃からリスペクトされる立ち居振る舞いを意識するようにしましょう。

 

まとめ

部下を育成するという事はとても難しい事です。

安定的に育てるための仕組み作りが欠かせませんし、その仕組みを活かすためのコミュニケーションづくりも必須です。

そして、何よりも我慢強く成長を見守るあなた自身の我慢強さも求められます。

 

ですが、それらを乗り越え、お互いを信頼しあい、リスペクトしあう関係値を築けたときに、部下は大きな成長を遂げます。

そして、その成長は結果的にあなた自身を助け、一つ上のステージの仕事を実現するのです。

 

今回ご紹介したポイントを一つ一つ実践して、部下からリスペクトされる上司へと、あなた自身も成長することを意識していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*