なぜ資産運用が必要なのか?

あなたのお金、銀行に預けたままにしていませんか?

なぜ資産運用が必要なのか

あなたは今まで働いて給料としてもらったお金を銀行に預けたままにしていませんか?

このページを読んでくれている読者さんは、
「株式投資についてはまだよく分からない。。」
「資産運用についてもやったことがない。。。」という方も多いと思います。

そうなると、給料は銀行に預けたままという人も多いのではないでしょうか。
たしかに銀行に預けていれば、元本は保証されており、預けた金額によって利子を
もらうこともできます。

ただし、この『銀行にお金を預ける』ということは、あなたの大事なお金を減らして
いることにもなるんです。

自分の資産がどんどん減る

株式投資や不動産投資などはいずれも多少の”リスク”をとることで”リターン”を
得ることができます。
しかし、”リスク”をとることが嫌だ!それなら銀行に預ける!という人が
ほとんどではないでしょうか。

では、もし”リスク”をとって資産運用をする『おさるAさん』と
自分の資産を全て銀行に預けたままにする『おさるBさん』がいたとしましょう。

『おさるAさん』は銀行に預けているので、その銀行がなくならないかぎり元本は保証され
預金の額は減ることはないでしょう。

『おさるBさん』は、資産運用を行っているので、一定の確率でお金はどんどん
増えていきます。不幸にも時期によっては、お金が減ることもあるかもしれません。
しかし、分散投資などで”リスク”を減らすことができます。
資産運用を行うということは統計的に言うと、資産を増やす可能性の方が高いのです。

つまり、『おさるBさん』が資産をどんどん増やしていくので、
『おさるAさん』はお金を減らしていませんが、相対的には資産がどんどん減っていくことと同じなのです。

資産価値の増大

 

ここまで読んでいただけたなら、もうお分かりかと思いますが、銀行に預けたままでは
資産価値がどんどん減ってしまうのです。

確かに”リスク”をとることについては、初めは嫌かもしれません。
しかし、”リスク”は分散投資などの手法により、減らすことが可能です。
これには、少し投資のお勉強が必要ですが、資産運用によって得られるお金や時間のことを
考えれば苦にはならないはずです。

投資を始めようとしているあなた、
まずはリスク資産に投資をするということへの意思を固めてください

少額でもいいので『実際に投資をしてみる』ことが上達への近道でもあります。

なぜ資産運用が必要なのかのまとめ

リスクとの向き合い方 株式投資の基礎 投資の上での心がまえ