株とは?

株について

株とは?

会社が事業をする上で必要となる資金を調達するため、不特定多数の人からお金を少しづつ出資してもらいお金を集めるしくみ

株は正式には”株式”といい、私たちの身近にある”株式会社”も資金を調達するために株を発行し一般から広くお金を出資してもらっています。

株式会社のメリット

ではなぜ、会社は株式を発行する必要があるのでしょうか?

会社が製品を作り、実際に売り出されるまでとても大きなお金が必要になります。
(このような会社が商売を行う上で元手となるお金を”資金”と言います。)

例えば、エヌ氏が経営する家電製造会社は新たなビジネルモデルとして”サルのぺットロボット”を考えました。
しかし、この事業を始めるには新しい機械や設備、新しいエンジニアを雇うためのお金などとても大きな資金がかかってしまいます。

ここで、株式のしくみが役に立ちます。

エヌ氏は不特定多数の人に、自分のビジネスモデルをアピールし不特定多数の人から出資、つまりお金を集めるのです。

魅力的なビジネスモデルならより多くの人からお金を集めることができます。
これがたとえ少額のお金であっても多くの人からのお金を集めれば事業をする上で十分なお金になります。

この時、事業にお金を出した人を『出資者』といい、その中でも株式会社に出資した人のことを『株主』といいます。

この仕組みは、出資者にとってもメリットがあります。
先ほどの”サルのぺット型ロボット”が成功すると考えたエム氏はぜひ出資したいと考えました。しかし、事業に必要なお金が100億円だったとします。エム氏にそのような大金はありません。ここでも株式のしくみが役に立ちます。

会社が株式として不特定多数の人に資金を出資してもらうことにしました。
エム氏も自分の出せる範囲である100万円を出資することで、晴れてその会社の株主となることができるのです。

このように株は

一人ひとりが少額でも出資しやすくし、多くの人から少しずつお金を集めることで、事業の元手となる資金を集めるしくみ

なのです。

株のしくみ

株主のメリット

ではお金を出資した株主のメリットとはなんでしょう?

大前提として、会社が稼いた利益はすべて株主のものになります。

なので、株主は会社が稼いだ利益の中から出資した「分け前」として配当が受け取れます。
配当は1株10円や20円など会社が決め、自分の保有する株数によって年に1,2回支払われます。

このように、株を保有している限り受け取れる配当のことを『インカムゲイン』といいます。

また、自分の持っている株はいつでも自由に株式市場で売ることができます。
もし仮に先ほどのエヌ氏の会社の新たなビジネスにより今後さらに業績が伸びると予想されると、「配当がより多くもらえそう」と考える人が増え、エヌ氏の会社の株は需要と供給の関係から株価が上がります。

もし、ここで自分が買った時の株価より高くなった時に株を売れば、その差額が自分の利益になります。(1000円で買った株を2000円で売れば、1000円の利益)

このように、株を売却した時の利益のことを『キャピタルゲイン』といいます。

 

株とは?のまとめ

投資の上での心がまえ 株式投資の基礎 株式市場のしくみと取引時間