リスクとの向き合い方

 

株式投資にはリスクをともないます

今から株を始めようとしているあなたに、株式投資にとって重要なことを説明します。このページは必ず目を通してください。後になって大事なことに気づいて痛い目を見るのはあなたですよ。

株式投資にはリスクがある

株式投資にはリスクがあります。ここで言っている”リスク”とは『投資した元本の保証がない』ということです。
つまり、株を買った時の金額よりも売る時の金額の方が少なくなってしまうことがあり、自分が損をしてしまうのです。

リスクには主に3つの要因があります。

1.株価変動リスク
2.流動性リスク
3.会社倒産のリスク

1.株価変動(値下がり)のリスク

株価変動(値下がり)のリスクとは、株価が値下がりしてしまい損をする可能性のことです。

株価は需要と供給の関係で常に変動します。
もし、自分が株を買った後に、その会社の商品が大ヒット、株価が値上がりすればあなたには売却益(キャピタルゲイン)【投資した金額より多くお金が戻ってくる】が得られ、得をします

反対に、自分が株を買った後に、その会社の業績が悪化し、株価が値下がりすればあなたには
売却損(キャピタルロス)【投資した金額より戻ってくるお金が減ってしまう】となってしまい、損をしてしまいます
この株価が値下がりしてしまい損をする可能性のことを、株価変動(値下がり)のリスクと言います。

2.流動性リスク

流動性のリスクとはつまり、株を売りたい時に売れないリスクです。

”株を売る”ということはその売りたい株を”買ってくれる人”がいないと成立しません。
日々の取引量が少ない会社の株を売る場合、この金額で売りたい!と手を上げても
誰も買う人がいなく、どうしても売りたい場合は希望する金額よりも安い価格で売りに出すことになります。

3.会社倒産のリスク

会社倒産のリスクとは、会社が倒産してしまい株を売ることができなくなるリスクです。

株は会社が発行しています。
その株を買った人は、その会社に投資する代わりに配当や売却益を得ることができます。
しかし、買った株の会社が倒産してしまうとどうなるのでしょうか?

会社が倒産した場合は、証券取引所から上場廃止となってしまいます。
つまり、その会社の株を買うことも売ることもできなくなるのです。

会社が倒産してしまえば配当を得ることができません。上場廃止により株を売ることもできません。つまり、株を売ることによる現金化ができないので投資した金額の全額が戻ってこないのです

株式投資の2つの注意点

株式投資には『元本割れ』のリスクがあることは、先ほど説明しました。

ここで株式投資をする際の注意点が2点あります。

まず、株式投資は余裕資金で行う』ということです。

ここで言う余裕資金とは、”生活する上ではひとまず必要のない余ったお金”のことです。
もし、株式投資を生活資金【生活に必要なお金etc食費、住居費】で行うとどうなるか、
もしかしたら、投資した会社の株価が値下がりし、資金が半分になる可能性もあります。
その結果、食費を削ったり生活が苦しくなるのは嫌ですよね。
また、生活がかかっているので「もっと儲けなきゃ」と焦る可能性もあります。
そのような心理状態の中で株式投資をしていても決して良い結果となることはないでしょう。

2つめは、『投資は自己責任で行う』ということです。

世の中には情報であふれています。ほとんどは、私たちに有益な情報を与えてくれますが、その中には、誤った情報も多々あります。たとえ、経済・金融情報を発信する名の知れた会社(例えば、日経、ロイター、ブルームバーグ等)のニュースでもすぐに信用してはいけません。
その情報が本当に正しいのかを自分なりに考えることも必要です。
自分で考えた結果、投資をすればそれは大きな自信となり、ちょっとの株価の値下がりでオドオドして夜も眠れないという状況にはならないでしょう。

リスクについてのまとめ

株式投資の基礎 なぜ資産運用が必要なのか