株はどこで買いどこで売るの?

ここまでで、株の基本や市場のしくみについて解説していきました。
では実際に株を買う場合、売る場合はどうするのか??証券取引所にお願いするの??
そんな疑問にお答えします。

株をどこで買いどこで売るの?

株は証券会社で注文する

株を売買する場合は証券取引所で行われます。では、実際に株を買う場合、証券取引所に電話して「トヨタの株欲しいんですけど・・」と言えば株を買うことができるのか?

答えは・・・できません。。。

実際の株の売買注文は『証券会社』で行います。

投資家の売買注文は、『証券会社』を経由して証券取引所につながれます。
証券取引所には全国の『証券会社』から売買注文が集まります。その中で、同じ銘柄の買い注文と売り注文があれば売買が成立します。

たとえば、「株式会社エヌカンパニーの株を2000円で買いたい」という買い注文と「株式会社エヌカンパニーの株を2000円で売りたい」という売り注文が証券取引所にて出会えば売買が成立することになります。

このように証券取引所に株の売買注文を集中させることで、株の売買がスムーズになるメリットがあります。

実際に証券会社に注文をする際は、直接店頭に行く以外にも、電話やインターネットから注文することができます。
現在では、ほとんどの投資家がネットによる取引で株の売買を行っています。
このネット売買ができるようになったおかげで、比較的容易に株の売買ができるようになりました。今では1日に何度も株の売買を繰り返し利益を上げるデイトレーダーという人たちも現れています。

さまざまな証券会社

日本には現在、260社の証券会社があります。有名な証券会社として『大和証券』や『SMBC日興証券』、『野村証券』などや、ネット専用の証券会社である『カブドットコム証券』などさまざまな証券会社があります。

各証券会社ごとにサービスの内容はことなり、手数料の安さや取引の際に使用するツールの使いやすさなどそれぞれ違った特徴があり、どの証券会社が良いかは人それぞれです。

『サルでもわかるお金の稼ぎ方』ではどの証券会社が良いのか比較できるよう、証券会社比較一覧を作成しています。こちらで自分の気にいった証券会社が見つけ、実際に投資にチャレンジしましょう。

株はどこで買いどこで売るのか?のまとめ

株式市場のしくみと取引時間 株式投資の基礎 株価の決まり方