管理職は辛いよ…中間管理職の辛さを乗り越えるための3つの方法

管理職は辛い

「管理職は辛いよ・・・」

今、このページを見ているあなたは、ふとこの言葉を言ったりしていませんか?

管理職という責任ある立場になると、毎日何かしらの悩みや不安を抱えながら仕事をするものですよね。

そこには、結果に対する焦りやマネジメントに対する不安など、様々な悩みがあることでしょう。

管理職という責任ある仕事をこなすあなたは非常に立派です。

しかし、管理職は辛い・・と言われる小さな悩みや不安が重なると、あなたでも予期せずそのプレッシャーに押しつぶされてしまうかもしれません。

ではどうすればよいか?

それはこの記事で紹介する、中管理職の辛さを乗り越える3つの方法を実践していただければよいのです。

ここでは、一般に管理職が辛いと言われる管理職ならではの負担をどのように軽減していけばよいのかをご紹介します。

この記事で、あなたの負担を少しでも軽減する助けになれれば幸いです。

管理職が辛いあんな理由こんな理由

管理職は辛い…このフレーズはよく言われますが、世の中の管理職の人は、ほとんどが似たような理由で悩んでいます。

きっと、これから紹介する管理職の悩みをみると、共感できるものが多いはずです。

そして、その悩み辛さも皆、同じような形で乗り越えています。

そこでまずは、周りの人たちがどのような事で悩み、管理職に対して辛いと感じているのかをご紹介します。

 

常に結果を求められ、結果が出ないと激しく詰められる

管理職が辛いといわれる理由の一つは、常に結果を出さなければいけないという責任の強さにあります。

スタッフとして働いている間は、発揮するパフォーマンスが低くても、まだ会社の数字に直結するとは言いにくく、その分だけ責任は少ないものです。

ですが、これが管理職になるとより会社の数字に直結するために責任が増し、しかもそれを指摘する人がより会社の幹部層に近づくため、今まで以上に激しく怒られるのです。

 

また、その改善策も自分のスキルだけではなく部下全体のパフォーマンスが関わってくるため、簡単に改善できるものではありません。

その分、高いパフォーマンスを発揮できるようになるには時間がかかってしまい、結果的に詰められる期間も長くなってしまいます。

 

さらに、結果が出てきたとしても褒められるのではなく、その中でも悪い点を指摘されたり今後の取り組みを伝えたりしなければならないため、気が休まる時がありません。

これが、管理職が辛いといわれる理由です。

 

部下と上司の間に挟まれて悩みを相談できる人がいない

もう一つ辛いと感じられる理由として上げられるのが、悩みを相談できる人が減ってしまう事にあります。

スタッフとして指示を受けながら業務を進めていた時には、気軽に上司や先輩に相談できたものが、管理職に就くとなかなか相談しにくくなってしまいます。

 

たとえば、管理者の悩みというのはスタッフという立場でいるうちは理解しにくいため、部下には相談できません。

上司に相談しようと思っても、忙しくて時間をとってもらえなかったり、もしくは上司という立場に恐縮したりして、そもそも相談できないという場合もあります。

また、同僚ですと全く同じ業務を行っているということが少なくなりますから、こうすればうまくいく、という答えを得にくくなりますし、場合によっては上司に対して不利な報告をされてしまうことすらあります。

これらのことから、下はもちろん、上にも相談しにくくていつまでも悩みをひきずってしまい、高いパフォーマスを出せずにますます悩みが深まっていくという負のスパイラルに入り込んでしまいやすいのです。

 

以上が管理職が辛いと言われる理由です。

管理職という責任のある立場とはいえ、毎日このような辛いプレッシャーには耐えられないですよね。

では、どうすればこの辛い状況を乗り越えられるのか?

次から中間管理職の辛い状況を乗り越えるための3つの方法を具体的にご紹介いたします。

 

中間管理職の辛さを乗り越えるための3つの方法

優秀な右腕を育てて辛さを乗り越える

辛い状況を乗り越えるための一つめの方法は

まず仕事のパフォーマンスを上げる取り組みです。

成果が出ないことは最も大きな悩みとなりますから、どうすれば組織として成果が出るようになるのかを考えていきます。

 

そして、そのために大切なのが優秀な右腕を育てる事です。

優秀な右腕とは、業務に対する知識が深いだけでなく、仕事に対して真摯に向き合い、自分で考えて行動できる、または相談できる人材の事です。

特に自分で考えられることが重要で、高いスキルを持っている人は世の中に多くいますが、自分で0から考えたり、将来を予測して判断したりする人は少ないですし、管理職はそれを求められます。

 

また、仕事をしていると判断に悩んだり目が届かない業務が出てきたりするものです。

そのような時に優秀な人材が一人でもいると、判断を相談できたり仕事を任せられたりして、あなた自身の負担が減らせます。

いかに身近に優秀な人材をおけるか、もしくは育てられるか、これが大切です。

優秀な人材があなたの下につくかは、あなたの努力だけではどうしようも出来ないかもしれません。

しかし、優秀な人材に育てることはできます。

では、どうやって優秀な人材に育てるか・・・次にご紹介いたします。

 

論理的思考力を身につけさせて自分で考える癖をつけさせる

それでは優秀な右腕はどのように育てればよいのでしょうか?

まずは、あなた自身が思考の流れを説明できる必要があります。

判断をする時、なんとなくAの方がよさそう、もしくは経験上Bがよいという判断ではなく、Aを選択するとその後はこうなる可能性が高い、Bを選択するとこうなる可能性は低い、だから、Aを選ぶという論理の展開です。

これを身につけた後で、その考え方を部下に教えていきます。

人に教える時、感覚ではなく言葉にして伝えられることは大切です。

そして言葉で伝えられるようになると、それをその部下に伝えられるようになります。

これができるようになると、部下は何が理解できていないのかもすぐに分かるようになりますので、業務の習熟が捗るようになります。

 

また、すぐに答えを教えるのではなく質問形式で教えていくように心がけることも効果的です。

質問形式で話を進めていけば、教わる側は考える癖が身についていきます。

特に、自分の知識の中に答えが無くても何が分かっていないのか、何が分かれば答えを出せるのかを考えられるようになると、問題解決力が上がって仕事の質は飛躍的に高まっていきます。

そしてそれが、あなたの苦労を減らすことにも繋がるのです。

 

可能な限り会議のフィードバックを行い同じ方向を向く

優秀な人というのは、常に全体を意識しながら一歩先を見て仕事を進められる人です。

ですが、一歩先を見られても方向性が誤っていると成果は出せません。

そこで、部下にも可能な限り会議のフィードバックをして部署としてどのような方向性を向いているのか、今後どのような方向に進んでいけばよいのかを共有すると良いでしょう。

そうする事で、業務の全体像を理解できるので、あなたが決めた業務の方向性や取り組みを理解してもらいやすくなります。

さらに部下も全体を見て仕事ができるので、業務の判断について的確に相談できるようになります。

 

ただし、全ての判断を部下に委ねてしまうと、あなたに対するリスペクトが失われてしまいますから、常にあなた自身が意見の先導をすることが大切です。

 

プライベートを充実させてストレス解消法を見つける

仕事の緊張感をプライベートでも引きずってしまうと、人生そのものがつまらなくなってしまいます。

仕事に追われて毎日が充実しなくなっては元も子もありませんから、プライベートではしっかりと切り替えて過ごす必要があります。

 

プライベートを充実させるためには、趣味を持つことが重要です。

スポーツでもいいですし読書などでも構いませんので、あなた自身の気持ちが安らぐ時間を確保していきましょう。

特に外に出て太陽の光を浴びることは、身体の調子を整えることにもつながります。

不安があったりモチベーションが下がったりしている時ほど、外に出ることで脳が活性化されて調子が上がっていきますから、できるだけ外に出て取り組める趣味を持つとよいでしょう。

もし家族がいる場合でも、月に一回は自分の趣味を楽しめる日を作りたいところです。

関連記事のIDを正しく入力してください

 

社外のセミナー・勉強会などに参加して同じ境遇の人やメンターを見つける

最後にご紹介する方法は、社外で同じ境遇の人や人生の師(メンター)を見つけるということです。

企業は、会社ごとに独自のルールや知識を持つもので、時に視野が限定されてしまいがち。

そこで社外のセミナーや勉強会に参加することで新たな知見が得られると同時に視野が広がり、それまで悩んでいたことに対してよいアイディアが生まれやすいものです。

 

また、何事においてもメンターを持つとよいと言われますが、そうした存在は社内だけではなく社外にも持つと良いでしょう。

なぜなら、社内では知識や経験が限られてしまうため、最新の知識や幅広い経験は得られにくくなってしまいます。

その点、社外のメンターは、客観的にあなたの状況を捉えられるので、偏りのない意見をもらいやすくなります。

特にセミナーや勉強会で講師を行っている人はコンサルティングを行っている人が多いため、幅広い経験を持ちやすく、かつ人前でも話せるほどの深い知識と見識を持っているので、社内スタッフよりも高いスキルを持っていることが多いのです。

これはマネジメントスキルや事業推進にも言えることですから、できるだけ社外のセミナー・勉強会に参加して新たな知識や人脈を得るようにするとよいでしょう。

 

社外のセミナー・勉強会に参加するメリットは、同じような悩みを抱える人と気兼ねなく意見を共有できることにもあります。

あなたが抱えている悩みは他社の方も同じように抱えているものです。

ですから、社外のセミナー・勉強会に参加して悩みを共有することで、これまでとは違った気持ちの安らぎや開放感を得られることでしょう。

 

よいセミナー・勉強会の探し方

世の中にはたくさんのセミナー・勉強会が毎日のように開催されているため、どのセミナー・勉強会に参加すればよいかわからないという方も多いでしょう。

そこで、どのようなセミナー・勉強会に参加すればよいか、一例をご紹介します。

 

まず初めに考えるべきなのは、有料の講座に申し込むことです。

無料講座はお試しのような場合が多いために本質的な知識を得られない場合が多く、周囲の人も意識が低い人が多いものです。

それでは得られるものが少ないばかりか、逆に時間を無駄にしたと感じてしまうこともありますから、基本的にはしっかりとお金を払って受ける講座を選びましょう。

 

また、どのセミナー・勉強会が良いかをという基準で選ぶよりも、自分は何を得たいのかを基準にして勉強会を選ぶようにすると良いでしょう。

どのような人が参加するのかは、最終的には運であり縁ですから、どのような状況であれ自分が得たいものを明確にして臨む事、そして、一度目があまり良くなかったからといって勉強会は良くないと思うのではなく、そうしたこともあると捉えて、次に臨むことが大切です。

[aside type=”normal”]自分にあったセミナーを探すには『セミナー検索ポータルサイト』が便利です。

『ビジネス・セミナーガイド』
http://www.crosslink.co.jp/seminar/index.html

『こくちーず』
http://www.kokuchpro.com/events/popular/[/aside] [aside type=”normal”]人生の師(メンター)について興味がある方は、以下の書籍がオススメです。
語り口がやわらかく読みやすいので、あっという間に読み終えてしまいます。

「メンターとの出会いは本当に自分の人生を大きく変えてしまうかもしれない」

そう思わせてくれる本です。

人生を変えるメンターと出会う法~自分の磨き方、高め方~
本田 健 大和書房 2015-04-12
売り上げランキング : 6566

by ヨメレバ
[/aside]

 

 

まとめ

仕事である以上、辛い経験からは避けられませんし、特に管理職はその比重が高まります。

ですが、その経験を経るからこそ成長できるのも事実であり、それを乗り越えることでより多くの信頼が得られ、ますます重要な仕事を任せられたり給与が上がったりしていくのも事実です

 

ですが、働き方は一つではありませんから、どうしても管理職が辛いと感じた時には別の働き方を検討するのも立派な選択肢です。

特に最近は、転職や独立のハードルが下がっていますから、しっかりと学べば管理職の辛さを無くしたまま収入を得るチャンスもあるでしょう。

どちらにしても、今回ご紹介した辛さや苦労を乗り越える取り組みはどのような道に進んだとしても活かせる内容ですから、一つ一つ試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*