その転職、ちょっと待って!仕事を変えるべき時と変えてはいけない時

『あなたは今、自分の仕事に対して不満がありますか?』

仕事をしていると、人間関係や長時間の労働、きついノルマなどなど・・どうしても仕事に対して不満が溜まってしまいます。

そんな時、ふと「転職さえすればきっと今より良い条件で働ける」そのように考えたことがあるのではないでしょうか。

たしかに仕事を変えることでやりがいのある仕事ができ、収入が増え人生が好転することもあるでしょう。

しかし、仕事を変えることはリスクでもあり、安定した生活を手に入れるのであれば、安易に転職してしまうのは避けるべきです。

「それじゃどんな時に仕事を変えるべきなの??」

 

そこで、ここでは仕事を変えるべき時と変えてはいけない時についてご紹介します。

また、最後には具体的にどのように今後のキャリアや仕事を考えていけばよいのかもご紹介します。

ぜひ、今後の仕事選びやキャリアを考える参考にしてみてくださいね。

 

仕事を変えるべき時

あなたは今、転職を考えていますか?

もし転職を考えているのであれば、その理由はどのような内容でしょうか?

 

そもそも、仕事を変えるというのはリスクが大きい選択です。

新しい職場では信頼関係を一から積み上げていかなければいけませんし、出世するにしても新卒で入社した人の方が上に上がりやすい傾向があるのは、現実として存在します。

もちろん、中途採用でも積極的に昇進していける企業もありますが、それでも信頼や実績を改めて積み上げる必要がありますし、多くの企業が導入している等級制度の評価項目には、勤続年数が含まれていることが多いものです。

また、それらによって生涯賃金や仕事の充実度に差が出やすくなることも考えておく必要があります。

 

ですが、それらを踏まえても仕事を変えた方がいい人やタイミングは確かに存在します。

まずは、どのような時に仕事を変えるべきなのかをご紹介します。

 

やりたいことがあって実際に一歩踏み出した時

あなたには、心から取り組みたい、チャレンジしたいと思える仕事がありますか?

また、将来のビジョンとそこにたどり着くためのプランが描けていますか?

そして、実際にその一歩を歩み始めているでしょうか?

 

もしこれらの質問に答えられて、なおかつ今の職場では達成できないような時には、ぜひ転職を選択するとよいでしょう。

技術や知識は日々進歩していますから、取り組みたい仕事がある時には、一日遅れるだけでも大きな遅れになってしまいます。

 

仕事を変えるのは、リスクの大きな選択だということをお伝えしましたね。

そのリスクを乗り越えるためには、心の底からやりたいと思える情熱が欠かせないのです。

ちょっと興味があるから…、そうした興味本位程度の気持ちで決断してしまうと、こんなはずではなかったと後悔することになってしまうでしょう。

そうならないためにも、本当にその仕事がやりたいと思っているのか、単なる好奇心ではないのかと、自分の胸に問いかける機会を持ってみましょう。

 

また、情熱があるだけではなく、やりたいことを成し遂げるためのビジョンやプランニングも重要です。

強い想いは前に進むための原動力になりますが、それだけでは進む方向を間違うこともあるでしょう。

一度きりの人生ですから、間違った道には進みたくありませんよね?

ですが、人生にはたくさんの分かれ道があり、そして誘惑があります。

正しいゴールへとたどり着くためには、選択を間違えないための明確なプランが必要なのです。

 

いつまでにどのようなゴールにたどり着くのかを明確にし、そこに辿り着くためにどのような経験を積んでいく必要があるのか、そしていつまでにどこに辿り着かなくてはいけないのか、それらを一つ一つ明確にプランニングしていきましょう。

心に情熱を灯しながらも、頭は冷静さを保てるのであれば、転職に潜むリスクを乗り越える可能性はぐっと高まるでしょう。

 

最後に、希望の仕事に実際に携わったことがあるか、または実情を知っているかどうかも重要な判断材料です。

外から見ていると良さそうに思えることも、中に入って実際に取り組んでみると思っていたのと違うというのはよくあることです。

それを仕事が変わってからきづいても、もとの職場に戻ることはできません。

ですから、セミナーに通ったり副業等を通じて実際に働いてみたりして、雰囲気をつかんでおくことが大切です。

さらに、できるだけネガティブな情報にも触れておき、その状況に陥った時のことを想定しておくのも良いでしょう。

 

これらを全てクリアしているのであれば、もはや転職を止める理由はありません。

むしろ止める方がリスクは大きくなりますから、思い切って決断してみてくださいね。

逆に、現在悩んでいる人はこれらを考えることから始めていくとよいですよ。

 

自分は未熟だと感じ始めた時

自分の能力をさらに高めていきたいと心から願っている時も、仕事を変えるタイミングが訪れています。

会社はどこも同じスキルを持っているという訳ではなく、企業によって保有しているスキルや知識には差があります。

そのため、今の会社では学べることが少なくなってきたと感じたら、次のステージに移ることを考えるとよいでしょう。

 

今の会社に、尊敬する先輩はいますか?

また、お手本となるスキルを持つ人はいますか?

 

もし、これらに該当する人がいないのであれば、それは仕事を変えるきっかけの一つになります。

特に20代のうちにこうした現状に陥ってしまうと、30代に入ったときに必要なスキルを身に着けられなくなってしまう恐れがあります。

成長の機会は向こうからやってきてくれるものではありませんから、自ら積極的につかみに行くとよいでしょう。

 

ただし、セミナー等に参加して外部で自分の実力を高め、そして社内で成果を発揮しながら企業の成長の一翼を担うという考え方もあります。

その考えをもって実際に取り組めれば出世は近くなりますし、社内教育やマネジメント、そして育成カリキュラムの作成など、限られた人しか経験できないような仕事にも携われるチャンスが広がります。

ですから、自分が求めるスキルはどこで手に入るのか、そもそもどのようなスキルを手に入れたいのかを明確にしたうえで、必要があれば仕事を変えるとよいと言えます。

 

メンタル面で消耗している時

メンタルが消耗しきっている時も仕事を変えるタイミングの一つです。

 

本来、仕事というのは辛いことが多いものですから、それを乗り越えるメンタルを身に着ける意味でも辛いからという理由で仕事を変えるのはあまりオススメができません。

ただし、メンタルが消耗しきっている時には話が変わります。

 

例えば仕事の辛さから体調に異変が起きていたり、その傾向が見られたりする時には、思い切って休養の期間をとることを検討した方が良いと言えます。

特に、仕事以外の行動に対しても無気力になっていたり、食欲がない、眠れないといった状態が続いたりしている時には、注意が必要です。

そのような状況が続いている時は、いわば心の充電が切れかかっているときですから、一度蓄える必要があるのです。

 

この時、他の人は頑張っているのだから自分も頑張らないと、と思う必要はありません。

人にはそれぞれ得意なことと苦手なことがありますから、同じ仕事でもかかるプレッシャーや負荷には個人差があるものです。

そして、無理して自分の身体を壊してしまっても誰も得はしませんよね?

その意味でも、ちょっとおかしいかなと思ったら仕事を変えて落ち着ける環境に身を移すことを考えるとよいでしょう。

 

仕事を変えてはいけない時

ここからは、仕事を変えてはいけない時についてご紹介します。

仕事の選択は、人生を大きく左右する決断です。

だからこそ、慎重に考えたうえで後悔しない決断ができるように、その参考としていただけたら幸いです。

 

今後のキャリアプランが定まっていない時

まず、今後のキャリアプランが定まっていない時は仕事を変えない方が良いと言えるでしょう。

明確な意図なく仕事を変えてしまうと、次の職場でも同じ悩みを抱えてしまうことになります。

そして、気づけば5年10年と時が経ってしまうものです。

 

また、何度も仕事を変えると、採用を検討している企業にとってはリスクに見えてしまいます。

もしあなたが面接官だった場合、転職回数が多く仕事内容に一貫性が無い履歴書を見るとどう思うでしょうか?

「採用してもまたすぐに辞めるのではないか」と、懸念してしまうのではないでしょうか?

 

企業には多くの応募がありますから、そうした懸念を持たれると採用される可能性が下がってしまうでしょう。

そうなるとせっかくキャリアプランを思い描いても進める道が狭まってしまいますから、それもリスクとなってしまいます。

その意味でも、一つの会社に少なくとも3年から5年は在籍していられるように、しっかりと吟味していく必要があるのです。

 

辛い状況を乗り越えていない時

仕事で大きなミスをしてしまった時や人間関係で悩みを抱えている時、転職の二文字が頭をよぎったことを誰もが一度は経験しているのではないでしょうか?

ですが、こうした逆風が吹いている時は最も忍耐強くあるべきタイミングです。

 

仕事は辛いことが多いものですが、その多くはこうしたミスをした後や人間関係で苦しんでいる時に辛さを感じるものです。

そしてそれは、どこの会社に行っても必ず訪れます。

また、長く会社に勤めていれば環境は変わるものですから、入社当初は問題なくても時間が経つにつれて辛い状況が訪れる可能性は高まっていきます。

さらに言えば、出世をするためにはそうした辛い状況を乗り切る力や精神力を持つ必要があります。

 

ですから、辛い状況にある時に考えるべきはどの企業に移るかではなく、どう乗り越えるか、であると言えるのです。

仕事で評価を獲得するために仕事に集中することも大切でしょうし、周囲の関係を改善するために身近なところから関係を改善していくのも良いでしょう。

また、時には趣味やアルコールといった仕事以外のところに意識を向けるのも良いでしょう。

そうしたことも含めて、辛い状況を乗り越えるためにどうしたらいいのかを学んでいくことが大切です。

 

大切なことは、辛い状況としっかり向き合い、どうすれば乗り越えられるかを考えて実際に行動することです。

それができるようになると、少しずつ仕事が辛いと思うことも減っていきますよ。

 

プロジェクトを遂行している最中の時

あなたは現在、何かしらのプロジェクトに参加していますか?

プロジェクトとは、期間を決めて新たな事業やサービス、もしくは業務を創造していく仕事です。

もしこうした業務に携わっているのであれば、ぜひプロジェクトを完遂するまでは仕事に携わることがお勧めです。

 

プロジェクトを推進するためには、スケジュール作成や業務マネジメント、予算管理、そして交渉など、ルーティンワークとは異なる業務が数多く発生します。

それらはプロジェクトが発足して初めて学べることであり、その為に学ぶ機会が限られるものでもあります。

そして、企業が売り上げや利益を伸ばしていくためにはプロジェクトの推進が欠かせません。

 

ですから、プロジェクトに携わった経験がある人や自らプロジェクトを進めた経験がある人はどのような会社でも求められますし、何よりもそこに仕事のやりがいも詰まっています。

また、そうしたプロジェクトは後半になるほど重要度が高い学びが多くなるものです。

だからこそ、プロジェクトに携わっている間はそこから離れることなく、最後まで見届けた方がいいと言えるのです。

 

また、ITの受託業務などで日常的に複数のプロジェクトが走っている場合には、自分でプロジェクトを推進する立場になってから転職を検討すると、より良い条件で仕事を変えやすくなります。

 

自分に合った仕事の探し方

仕事を変えるべき時と変えてはいけない時をそれぞれご紹介してまいりました。

あなたはどちらに該当したでしょうか?

どちらを選んだとしても、仕事をする以上は自分に合った仕事を見つけた方が、充実した日々を送れるものです。

そこで最後は、自分に合った仕事の探し方についてご紹介します。

 

まず前提として言えるのは、全てが充実して全く不満がない仕事は無いということです。

営業という仕事一つをとっても、インセンティブがついて収入が増えやすい反面、ノルマに追われたり毎日外回りで大変だったりと、さまざまな側面が存在します。

 

その意味で、あなたが大変だと思ってもやり続けられることを考えてみてはいかがでしょうか?

仕事をしないという選択肢は選べませんし、今現在で積極的にやりたいと思える仕事もないのであれば、消去法でざっくりとした方向性を選んでいくことになります。

頭を動かすこと、体を動かすこと、自分で動くこと、他人を動かすこと、定められたルールに従って作業を進めていくこと、自分でルールを作り出していくこと…。

 

これ以外にもさまざまな項目がありますが、それぞれにやりがいと辛いことが存在しています。

そして、それらを考えながらこれはできる、これはできないということを取捨選択していきましょう。

中には経験したことが無いから判断できないということもあるかもしれません。

その場合には、やってみたいかそうではないかで選択するとよいでしょう。

どれもできないと思う時には、相対的に考えてこっちならできそうだというものを選ぶとよいです。

 

また、仕事の内容ではなくライフプランも考えてみるとよいでしょう。

あなたは将来、どのような生活水準を手に入れたいでしょうか?

年収、住居、日々の食事、着るもの、休日の過ごし方など、最低でも手に入れたい水準を思い描くと、それを実現するために必要な収入や仕事内容が見えてくるはずです。

これらを考えることで、ある程度仕事内容は絞れてくることでしょう。

 

後は、その中から自分が興味をもって取り組める仕事を調べていくと、自分に合った仕事も見つかりやすくなります。

 

まとめ

人生と仕事は切っても切り離せるものではありません。

だからこそ、嫌だから辞めるのではなく、やりたいことがあるから辞めるという選択をしたいものです。

そして、そのやりたいことも興味本位ではなく強い意志をもって選べるとよいでしょう。

 

仕事を変えてから数年が経つと、「もしあの時、仕事を変えていなかったら…」と思う時が一度や二度は訪れるでしょう。

その時に、心から変えてよかったなと思えるようにするためにも、仕事を変えた後も一生懸命に仕事と向き合い、充実感を得られる業務や収入を手にすることが大切です。

 

仕事は日々の生活を、そして人生を大きく左右する重要な決断です。

だからこそ検討する時には慎重に、そして決断する時は熱い気持ちで、望んでくださいね。

あなたが素晴らしい決断をできるように、心からお祈りしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*