仕事で評価されない…そんな悩みを持つあなたへ伝えたい評価の上げ方

仕事の評価をあげる

『仕事はそこそこだけど、上司からの評価が高い』

あなたの職場にそんな人はいませんか?

 

もっと給料を上げたい、もっとやりがいがある仕事に就きたい、昇進したい、そうした思いはビジネスマンであれば誰もが持つことでしょう。

それを実現するためには上司や周囲からの評価を高めていく必要があるのですが、評価というのはなかなか自分の思い通りには上がらないものです。

ですが、なぜか仕事はそこそこだけど上司からの評価が高いという人もいます。

彼らはいったいどのようにして、上司から高評価を得ているのでしょうか?

本記事では、そんな彼らが実践している上司から評価が得られる仕事術を2つご紹介します。

彼らの仕事術を取り入れ、実践すればあなたの評価はうなぎ上りに上がるはずです。

周囲から評価され、自信に満ちたあなたを想像しながら読み進めてみてください。

「あの人は仕事ができないのになぜか評価が高い…」その理由とは?

周囲を見ていると、際立って仕事ができる人という訳ではないのに、なぜか上司や周囲からの評価が高い人がいます。

ここで知っていただきたいのは、仕事における評価には二種類あるということです。

 

一つ目はもちろん実績であり優れた成果を出すことで、目に見えて収益を生み出したり、業務の生産性向上に寄与したりといった結果を見せることで、優秀な人物だと思ってもらうことです。

そして、もう一つ重要なことが、コミュニケーション力や業務に対する熱意です。

「結局、精神論かよ!!」

と思われるかもしれませんが、これには理由があります。

それでは、なぜこれらが重要になるのか、その理由を解説します。

 

仕事の評価とは成果とコミュニケーション力にある!

仕事の評価について考える時、まずは会社がどのような人材を求めているのかを考えてみましょう。

基本的に会社は営利企業ですから、利益を生み出さなければいけません。

その意味で会社の利益を生み出せる人、同じ労働時間で他の人よりも大きな収益を会社にもたらしたり、逆に業務スキルの向上によって生産性を高め、他の人よりもコストを抑えられたりする人は評価が高くなりやすいと言えます。

 

ですがそれと同じくらい大切なことが、自ら成長し続け、そして周囲と協力して成果を生み出せるマネジメント力です。

一人で生み出せる利益には限界がありますから、会社は組織を構築してより大きな利益を生み出そうとします。

また、市場や経済、そして組織は成長していくものですから、個人としても成長できなければ周囲に取り残されてしまいます。

その意味で、自分が率先して成長し、そして組織を引っ張っていこうとするリーダーシップや熱意を持っているかどうかも評価の対象となっているのです。

 

これらは目に見えるものではありませんし、その人としっかりと話し合わないとわかるものでもありません。

ですが、上司と部下の関係性であればこれらはしっかりと共有できますから、同僚の立場から見るとなぜそこまで評価されるのかということも、上司から見ると高い評価につながっている場合が少なくないのです。

また、うまくマネジメントをする上司は的確に適材適所を行いますから、知らず知らずのうちにあなたにはあなたの得意なポジションを、他の人には別のポジションが与えられて、それぞれに評価をされていることもあります。

そうなると、思いのほか隣の芝生が青く見えることもあるのです。

こうした取り組みは直接上司に聞くことで教えてくれる場合もありますから、上司とコミュニケーションを図って聞いてみるのもよいかもしれません。

 

ただし、そうはいっても評価を高める基本は仕事の成果を生み出すことです。

そこでここからは、成果を生み出すために身につけたいスキルについてご紹介します。

 

先読みの仕事術で評価をアップ

仕事の成果を出すためにもリーダーシップ力を上げるために身につけたいスキル、それが先読みのスキルです。

これから起こるであろうことを事前に想定し、あらかじめその対策を行っておくことで問題が大きくなることを防いだり、またはそもそも問題が起こらないようにしたりするスキルが先読みのスキルです。。

仕事で大きな成果を出すためには必須ともいえるスキルですが、これはリーダーシップを発揮する時にも重要なスキルの一つです。

 

チームとして動くとき、チームを構成するスタッフが心配になるのは、このリーダーについて行って大丈夫なのだろうかという不安です。

リーダーシップがある人はこうした不安を事前に察知して、前向きな気持ちで取り組むようにモチベーションを上げることができます。

また、プロジェクトが行き詰まりそうになった時にも事前に察知して打開策を作り上げることで、成果を生み出し、リーダーシップも発揮できます。

日ごろ、なかなかすぐにアイディアが浮かばないという人も、事前に準備しておけばある程度なら乗り切れるものです。

「会議や報告でしどろもどろになってしまった。。」

あなたにもこのような経験ありませんか?

そのような方は、ぜひとも先読み仕事術を身につけるようにしましょう。

事前に、報告する内容や想定される質問を検討するだけでも余裕を持って会議にのぞむことができるからです。

 

先読み力を身に着けるには人間観察をして疑問を投げかけ理由を見つける

先読み力を身に着けるためには、論理的思考力を身につけながら心理学や行動経済学などを学ぶとよいのですが、それを継続して行うのは難しいものです。

そこでおすすめなのが、人間観察をしながら疑問を投げかけ、そして自分なりの答えを見出すことです。

 

人間観察をしていると、なぜあの人はあのような行動をとったのだろうと思うことが必ず出てきます。

その時、こうした方がいいのではという改善策を考えるのではなく、そうした行動をとった理由を考えてみます。

それを積み重ねていくと、人が起こす行動と心理状況の関係性が見えてくるようになります。

また、仕事においても最終的な結果を生んだ原因が何だったのか、逆に、特定の行動とそこから生まれる結果の関係性の強さが分かるようになってきます。

 

そのノウハウをためることができれば、現状からどのような結果が生まれるのかが見え、

『今は何に取り組んだ方がいいのか、そしてあらかじめどのような行動を起こしておいた方がいいのか』が分かるようになるのです。

これによって仕事上の評価はもちろん、コミュニケーションをはかる際にも、相手に合わせた伝え方や接し方が分かり、円滑に物事を進められるようになるのです。

先読み力はすべてに通じる重要なスキルです。ぜひ身につけていきましょう。

 

段取り力を向上させて同僚に差をつけよう

もう一つ身につけたいのが、段取り力です。

仕事で評価を上げていくためには生産性の向上が欠かせません。

しかし、無計画に仕事を進めると途中で作業が詰まってしまったり、無駄が多くなってしまったりして、生産性は悪化していきます。

それを防ぐのが、事前の段取りです。

 

段取りよく仕事を進めるポイントは、実働時間が減ることを恐れないこと、そして物事を逆算して考えていくことです。

段取りを決めるということは、その間は実際の業務から手を放すため、出だしが遅れてしまいます。

ですが、その時間は結果的に早く終わらせるための重要な時間なので、恐れることなく使うようにしましょう。

 

また、段取りを組む時には逆算して組むようにするとよいでしょう。

スタートから始めていくと、本来は取り組まなければいけないことが抜けてしまい、段取りに穴が生まれてしまいます。

そうではなく、ゴールから必要な取り組みを挙げていくことで漏れが無くなり、かつ必要な順番が分かるようになります。

これによって段取りをつくる時間を短縮でき、質の高い段取りができるようになるのです。

 

段取りさえできればあとはそれをこなすだけなので、生産性はぐっと高まります。

初めは慣れないかもしれませんが、取り組む回数を増やすことで必ず質は高まり、時間は短縮されていきます。

段取り力は才能ではありません。

筋肉と同じようにトレーニングによって、確実に段取り力を鍛えられます。

ぜひとも、作業を始める際には『段取りを考える』という工程をくわえてください。

段取り力を鍛えることで、あなたの効率は何十倍にもアップするでしょう。

 

まとめ

一生懸命に仕事に取り組んでいても、取り組み方を間違えてしまっては、評価は上がりにくいものです。

ですから、生産性を高めていくのと同じように最大限の評価を得られるように常に考え、意識をしながら仕事に取り組んでいくとよいでしょう。

そして、足りないところがあれば謙虚に見つめなおして自分のスキルを磨いていけば、必ずや高い評価を得られるようになるでしょう。

今回ご紹介した2つのスキル『先読み力』と『段取り力』

この2つはトレーニングすることにより、確実にあなたのスキルとして意識せずともできるようになります。

あきらめず頑張っていきましょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*