出世すると心に決めているあなたへ贈る5つの方法と1つの奇策

 

[aside type=”boader”]

『出世したいけど・・出世するためにはどうすればいいの?』

『出世するための近道を教えて欲しい・・』

この記事では、『出世すると心に決めているけど、具体的にどうすれば良いかわからない・・』というあなたに出世するための5つの方法と出世がグーーン近づく『奇策』をご紹介します。

[/aside]

 

あなたは出世したいですか?またどのように出世していくか、プランは出来ていますか?

若者の出世願望が下がっていると世間では言われていますが、それでもライバルはたくさんいます。願望が無くても能力が高い人は出世ルートに乗ってしまうものです。

だからこそ、出世するためには漠然と仕事に取り組むのではなく、意図をもって仕事に取組むことが大切なのです。

仕事での出世は、責任も重くなりますがそれ以上にやりがいも感じられるようになります。

ここからは、あなたが将来、出世して自信に満ちあふれた状態になっていることを想像しながら読みすすめてみてください。

あなたの人生がより充実なものとなることをお約束します。

出世すると心に決めているあなたへ贈る5つの方法

 

失敗を失敗にしない

まず初めに紹介するのは、失敗に対する向き合い方です。

仕事をしていると、多かれ少なかれ失敗をしてしまう機会はあるものですよね?

そこで大切なのが、その失敗に対するリカバリー力です。

 

多くの場合、失敗と思った時点で落ち込んでしまい、そこから立ち直るのに時間がかかるものです。

ですが、出世する人の多くは、失敗したと思ってもすぐに切り替えてもうひと踏ん張りして、結果的に有利な方向へもっていくのがうまいのです。

それでは、なぜそのようなことができるのでしょうか?

一つは成果に対する執着心があること、そしてもう一つは、失敗ではなく事実として捉えていることが挙げられます。

 

周囲よりも出世するためには、野心的であることが欠かせません。

野心があれば障害を乗り越える原動力になりますし、その想いが人を惹きつける魅力にもなります。

そして、それと同時に冷静さを持ち合わせる必要があり、取り組みの結果を失敗ではなく事実として捉えることで客観的に物事を見つめ、どうすれば成功へとつなげていけるかを判断できるようになる必要があるのです。

失敗で完結してしまうとその先はありませんが、仕事や人生はその後もずっと続きますから、あきらめずに取り組めば状況が逆転するチャンスは巡ってきます。

何よりも、出世してより大きなプロジェクトに関わるようになった時には、「失敗しました」が許されなくなります。

どのような状況であれ、そこから成功に持っていくための力強さが必要なのです。

 

ですから、どのような仕事でも失敗を失敗と捉えずに取り組みなおすことで、出世の材料を揃えられるようになるのです。

 

常に求められていることの105%の成果を生み出す

続いて紹介するのは成果に対する向き合い方です。

出世する人は、とにかく成果に対する想いが人並み外れています。

それも数字で測れる定量的な業務だけではなく、数字では測れない定性的な業務に対しても、人の期待を超えるものを作り上げています。

出世をするということは、自分の業務だけではなく事業そのものにも責任を持つということでもあり、そこで成果を出せないと会社全体や組織全体に影響を与えてしまいます。

だからこそ会社は、成果に対して熱意を持ち、そして実際に成果を出し続けている人を出世させるのです。

また、ここで大切なことは「常に」成果を出し続けるということです。

 

あなたは、事業を成長させるために必要なことは何だと思いますか?

 

様々な答えが考えられますが、特に重要なのが再現性です。

仮に毎月の売上目標が100万円だったとして、毎月目標の105%を達成し続けるのと、年に一回だけ目標の200%をする反面、残りの11か月は達成率95%だった場合、どちらの方が年間売上は高いでしょうか?

計算するとわかるのですが、この場合、毎月105%を達成した方が結果的に売り上げは高くなります。

 

瞬間的に大きな成果を出すのはそう難しいことではありませんが、会社として売上にムラがあると、仕事を任せにくいという印象を与えてしまいます。

逆に安定的に成果を出せていれば、その人に任せておけば一定の成果を生むだろうという信頼が出来上がります。

会社はリスクを嫌うものですから、大きな成果は望めなくても、堅実に成果を出し続ける人を評価します。

 

組織の一員であるということを理解する

会社とは人の集まりであり、人は集まることで組織を構成します。

組織を構成する人たちは、それぞれが組織をまとめたり、調整したり、または実際に手を動かして遂行したりと、個々の役割を担っています。

そして、一人一人がその役割を全うし、業務が連動して進むことで1+1が2以上の成果を生み出しています。

 

逆にそれぞれの意識がバラバラで組織として連動していないと、1+1が2にもならなくなりますし、これでは会社としてうまくいっているとは言えません。

だからこそ、出世しやすいのは組織の一員として自分自身が担っている役割を理解し、そのうえで周囲の業務とうまく連動するように、潤滑油のように調整が出来る人なのです。

 

また、組織の一員であると自覚するということは、あくまで組織運営しているのは上司であるということを自覚するということでもあります。

そして、その上司と良好な関係が築けないと出世は遠のいてしまいますから、たとえ納得できない指示があったとしてもそこではいったん飲み込み、その意図を考えることが大切です。

立場が異なれば見え方が変わりますから、その指示は自分がまだ見えていない部分を補うための取り組みである場合があります。

もし反論した結果、上司と対立してしまうと、その後プロジェクトに取り組むチャンスが失われ、出世は遠のいてしまうでしょう。

自分の考えで業務を進めたいのであれば、まずは出世してその役割を手に入れることです。

 

積極的に後輩の面倒を見る

出世するということはその組織のリーダーになるということですから、日ごろからリーダーシップを発揮することが欠かせません。

よく「立場が人を育てる」と言いますが、その片鱗が見られない人には、会社はリーダーの立場を任せること自体がありません。

また、会社はリスク管理を重視しますから、役割を任せた時にその役割を全うできるのか、全うできる素質はあるのかを見ています。

つまり、出世する時にはそのポジションで求められるスキルや経験を積んでいないといけないのです。

 

そこで重視したいのが、後輩の面倒を見ることです。

リーダーシップとは、業務指示を飛ばしたり方針を決めたりするだけではありません。

組織を構成するのは人であり感情がありますから、そうした感情に対して柔軟に対応し、距離感を縮めて働きやすい環境を作ることもリーダーの役割です。

特に人が辞めるというのは会社からの評価を著しく落としますし、実際に管理するスタッフが辞めすぎたことでマネジメント能力に疑問符がつき、降格するというケースもあります。

 

出世してからリーダーシップやマネジメントを学び始めたのでは遅いのです。

ですから、早めに後輩を育てるということを経験し、どうすれば人は育つのか、どのような時に人は辞めたくなるのか、逆にどのような時に人は率先して仕事に取り組むようになるのかを学んでおきましょう。

それができるようになれば、出世は近づきます。

 

各部署に人脈を持っておく

出世するためには周囲の評価を上げる必要がありますが、ここでいう周囲とは同じ部署だけとは限りません。

営業部門であれば管理部門と、管理部門であれば営業部門の評価を上げておくと、出世のための最後の一押しになることがあります。

多くの場合、同じ部署の人には気を配るために評価は上がりやすいのですが、他の部署は意外と気を配れていないものです。

ですが勤怠や社内制度の遵守なども含めて、会社の業務はすべて連動しているため、他部署からみるとだらしがない人というマイナス評価を知らず知らずのうちに得ている場合があります。

 

職が上がると他部署との連携や調整業務も増えますし、会社もそれを知っていますから他部署の評価が低い人は出世で不利になりかねません。

また、他部署の人脈を増やしておくことで社内の動きを敏感に察知できるようになりますし、いざという時に助けてもらうこともできます。

出世のためには、ある意味で八方美人になって顔と名前を覚えてもらい、あらゆる人の評価を高めておくことが欠かせないのです。

 

出世のために知っておきたい奇策

最後はちょっとした裏ワザのような取り組みです。

 

そもそも、出世するかしないかを決めるのは誰でしょうか?

社長、人事、部門の役職者など、それは会社の規模やポジションによって異なるでしょう。

ですが、誰も知らずに役職が変わるといいうことはありませんから、必ず決めている人がいます。

つまり、その人の評価を上げておけば出世は近くなるということでもあります。

 

これまでご紹介した取り組みを行っても、誰も見てくれていなかったり、出世の判断に関らない人にしか届いていなかったりするとその効果は薄くなってしまいます。

ですが、評価する人の目を意識して取り組み、そして時々でそれとなくアピールすることで、その効果は最大限に発揮されます。

また、それ以外にも評価を上げるために個人的に懐に飛び込み、目をかけてもらえるようにするとさらに効果的です。

乱暴な言い方をしてしまえば、ゴマをするということです。

もちろんそれが全てではありませんが、それによって出世の可能性が上がるのは事実です。

事業運営に計画が必要なように、出世も計画的に取り組み、そしてやるべきことや一つ一つこなすことで大きく引き寄せることができるようになります。

まとめ

出世レースでライバルよりも一歩先を行くためには、やりたいことに取り組むのではなくやるべきことに取り組むことが求められます。

また、それらの質を上げていくためには意識づけと経験が欠かせません。

ですから、まずはどうすれば出世できるのか、いつまでにどのポジションに行きたいのか、そのために何をすればよいのかを、今回ご紹介したことを参考に考えてみましょう。

その計画が、出世を大きく引き寄せるカギとなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*