株の勉強でもう迷わない!株式投資の具体的な勉強方法

株の勉強

株式投資を始めたいという方は意外と多いと思います。株を始める前に株を勉強しておきたいと思う方もいますよね。株を勉強せずに投資してしまって、大損をするのは怖いですからね。

 

ですが、具体的にどこで何を勉強すればいいという事を学校などで一切教わっていないために、初心者の方はどこで株の勉強をしたらいいか迷うはずです。

 

そこで、今回はそんな初心者の皆さんのために株式投資の勉強の仕方をお伝えしたいと思います。

photo by pixabay

書籍で勉強する

 

投資に関する勉強を始めるならまずは書籍から勉強するのが一番です。

株式投資はネットで勉強する事も可能ですが、ネットですと一つのサイトに情報を集約出来ていない場合もあるので、書籍を読む事によって、株に関する知識を一度に集中して学ぶ事が出来ます。またセミナーに行く場合でも、事前に書籍で勉強しておく事によって、知識を深める事も出来ます。

 

今回はその中でもオススメしたい本を紹介致します。

 

株式投資初心者にオススメの書籍3選

 

株式投資を始めるなら是非読んで頂きたい書籍が3つあります。

株式投資をするならまずはこれらの本を読んでしっかりと株について学んで下さい。

株式投資初心者にオススメの書籍3選

  • 『いちばんカンタン!株の超入門書 改訂版』
  • 『めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版』
  • 『株で勝つ! 会社四季報超活用法』

『いちばんカンタン!株の超入門書 改訂版』

>>いちばんカンタン!株の超入門書 改訂版の詳細を見る

 

『いちばんカンタン!株の超入門書 改訂版』は初心者が学ぶべき点を図解を使って徹底解説してくれます。

株の入門書はいくつもありますが、図解を使って丁寧に説明してくれる本はあまりありませんので、株の初心者には是非とも読んで頂きたい本です。

株とはどういうものなのか、ファンダメンダル分析・テクニカル分析などの株の分析方法、銘柄選び、売買のタイミングなどを徹底的に解説してくれます。

『めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版』

>>めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版の詳細を見る

 

『めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版』は口座開設の仕方や、基本的な取引方法から教えてくれる初心者にはとてもためになる本になっています。

ページ数も182ページと少ないので、土日や仕事の合間に読めばすぐに読む事が出来ます。『株の超入門書』のように図や表がふんだんに使われているので、あわせて読めば株式投資への理解が深まります。

『株で勝つ! 会社四季報超活用法』

>>株で勝つ! 会社四季報超活用法の詳細を見る

 

『株で勝つ! 会社四季報超活用法』は会社四季報の読み方がよく分かるこの本もオススメしたいです。

会社四季報だけを読むのもいいのですが、株に関して知識がない方にとっては四季報を読むのは一苦労します。そこで、この本をあわせて読む事によって会社四季報を読み解けるようになります。

『会社四季報』は年に4回出されています。なるべくなら年に4回購入した方が良いですが、そんなにお金がないよという人は最新の四季報を買ってみて下さい。

株に関する情報がぎっちり詰まっている本なので、読んでいるうちに少しづつ株とそれにまつわる数字に詳しくなっていきますよ。

 

株についてもっと知りたい方にオススメしたい書籍

 

株についてとりあえず勉強したい方は先ほど読んだ本で十分なのですが、株についてもっと詳しくなりたいという方はこれから紹介するこれらの本を読んで頂くと株に対する理解がより深まると思います。

株についてもっと知りたい方にオススメしたい書籍

  • 『賢明なる投資家』
  • 『ウォール街のランダムウォーカー』

 

『賢明なる投資家』

>>賢明なる投資家 - 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法の詳細を見る

 

『賢明なる投資家』は20世紀の最も偉大な投資アドバイザーとして知られる、ベンジャミン・グレアムが書いた金融の名著です。

ベンジャミン・グレアムの考えた『バリュー投資』という概念は今でも多くの人々に影響を与えており、著名な投資家として知られるウォーレン・バフェット氏もベンジャミン・グレアムの指導を受け、『バリュー投資』を実践することで世界一の投資家とまで呼ばれるようになりました。

この『賢明なる投資家』は少し難しい本ですが、グレアムの説いた『バリュー投資』について学ぶことができます。

また、第8章と第20章の内容を読み、その教えに忠実に従えば、あなたが投資で失敗するリスクを下げることができるでしょう。

この『賢明なる投資家』の第8章と第20章については当サイトでも解説していますので、興味のある方はご覧になってください。

>>解説・要約|第8章 ベンジャミン・グレアム『賢明なる投資家』

>>解説・要約|第20章ベンジャミン・グレアム『賢明なる投資家』

 

『ウォール街のランダムウォーカー』

>>ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉 ―株式投資の不滅の真理の詳細を見る

 

『ウォール街のランダムウォーカー』は株式投資家に読み続けられている株式投資の古典とも言える名著です。

ファンダメンタル分析、テクニカル分析などの様々な分析方法を使っても株には絶対に勝てる方法がないという事を示唆している本です。そうした上で、インデックス投資という株式投資の仕方を丁寧に紹介してくれる本です。インデックス投資は万能な投資戦略ではないのですが、株式投資の初心者にとってはオススメの戦略となっていますので、この本もオススメ致します。

 

パンローリングの投資本で勉強する

パンローリング社という出版社はご存知ないでしょうか。

この出版社は株式投資家向けの本をいくつも出しているので、株式投資を行う人たちにとってのバイブルとなるような本をいくつも出版しています。(先ほどご紹介した『賢明なる投資家』もこの出版社の本です。)

そこで、今回はそんなパンローリング社の出版する本の中から初心者の方向けの本を紹介致します。

パンローリング社オススメの書籍3選

  • 『これからパンローリングの投資本を読む人へ』
  • 『マーケットの魔術師』
  • 『オニールの成長株発掘法』

 

『これからパンローリングの投資本を読む人へ』

>>これからパンローリングの投資本を読む人へ ──万年初級者の残念な思考と姿勢の詳細を見る

 

『これからパンローリングの投資本を読む人へ』は一見、パンローリングの書籍を紹介する本と思われてしまいますが、そうではありません。

内容としては、株の勉強法や、投資手法、ローソク足の解説まで多岐に渡ります。

スポーツ選手が試合で結果を残すために、繰り返し練習しているのと同じように、投資でも勉強をして『自分自身の投資スタイル』を築く必要があります。

 

そのための「筋道」をこの本では提案してくれます。

『初級者投資家』から『中級投資家』、『上級投資家』へステップアップしたい方にオススメしたい本です。

 

『マーケットの魔術師』

>>マーケットの魔術師の詳細を見る

 

『マーケットの魔術師』はアメリカのトップトレーダーたちのインタビューの内容がまとめられています。

インタビューの内容は「成功のカギとなる要素は何か?」「相場に対するアプローチ法」など投資の実践に役立つものばかりです。

こういった凄腕の投資家達の投資手法を勉強する事は株式投資が上手くなる第一歩ですので、この本もそういった点からオススメです。

 

『オニールの成長株発掘法』

>>オニールの成長株発掘法 【第4版】 (ウィザードブックシリーズ)の詳細を見る

 

『オニールの成長株発掘法』は中長期向けの取引を行いたい人には読んで頂きたい本になっています。

この本にはオニール氏独自の「CAN-SLIM」という手法が載っています。この手法は中長期の投資をするには必要となってくるファンダメンタル分析にテクニカル分析の要素を上手く混ぜ合わせたものになっています。

 

この手法を身につける事により、適切な株の選択と適切な株の売買時期を自分で決められるようになります。株取引の具体的なテクニックを学びたい人にはオススメの一冊です。

 

 

ネットで勉強する

 

株式投資を勉強するのには書籍で勉強するのが王道ですが、書籍を買う余裕がなかったりする場合には気軽に使う事が出来るネットでの勉強もオススメです。

 

証券会社のサイトで株式投資を勉強する

 

株取引をネットで勉強するなら証券会社のサイトで勉強する事をオススメします。

こういった会社は株取引を実際に行っている会社なので、解説が分かりやすく丁寧で、動画で株取引の説明をしてくれるところもあります。

口座を開設していなくても株取引に関する無料講座を気軽に見る事が出来ます。

 

 

SBI証券 投資を学ぼう

SBI証券 投資を学ぼう

画像:SBI証券公式サイトより(https://www.sbisec.co.jp)

SBI証券は様々な金融商品を扱っています。そうした事からこの講座でも、株式投資の初心者向け情報、外国株式の扱い方、債権の扱い方など投資全般の知識を習得する事が出来ます。

 

日本株以外の取引についても勉強したいという方にはオススメの講座になっています。

>>SBI証券 投資を学ぼうを見る

 

カブドットコム証券のkabu.study

kabu.study

画像:カブドットコム証券 kabu.studyの公式サイトより(http://kabu.com/adv/kabustudy/)

株取引に関する基礎的な内容を一通り教えてくれます。しかも動画で懇切丁寧に説明してくれるので、株の事が何もわからない方にとってはとてもありがたい講座です。

 

現物取引だけではなく、先物取引や信用取引などについても教えてくれるので、取引方法についてより深く学べます。

>>カブドットコム証券 kabu.studyの公式サイトを見る

 

ブログや株式投資家向けのSNSから勉強する

 

株式投資の勉強をするなら、投資家自身から話しを聞くのもオススメです。

実際に投資を行っている生の投資家の声をブログから拾うことが出来ます。生の声を拾うならセミナーに行くのも良いですが、時間的にも金銭的にも余裕がない時はこういった株に関するブログを活用してみて下さい。

 

様々な人の投資手法をブログやSNSから学ぶ事は非常に重要な事です。

株取引においては自分なりの考え方を確立する事が大事になってはきますが、その考えを確立する際には一つの考え方だけを参考にしては危険だからです。

いろいろな考えを知っておく事によって、より相場に対応しやすい考え方を身につける事が出来ます。

今まで自分が考えもしなかった視点や考え方を得る事が出来るので、こういったブログやSNSはチェックするようにしてみて下さい。

 

セミナーで勉強する

 

株を勉強するには人から直接教わるという方法もあります。書籍やネットには載っていない情報を教えてくれたり、質問をする事が出来ます。

 

実際に株式投資を行っている人から話しを聞くと、読むだけでは分からない生きた手法を勉強出来るので、そういった点からもオススメです。

 

ですが中にはあまり取引を行っておらず、セミナーを行う事によって生計を立てている人もいます。

そういったセミナー主催者は空理空論を元にセミナーを行う事が多いので、セミナーに行ったとしても有益な情報が得られず無駄足になってしまいます。

そういうセミナーを避けて、有益なセミナーに行く方法をお伝えしたいと思います。

 

証券会社が主催する無料セミナー

 

まずオススメしたいのが各証券会社が実施している無料セミナーです。

こういったセミナーは無料なのに外部からファイナンシャルプランナーなどの金融に関する専門家達を講師に呼んできて、セミナーを行う事もあるので、とても勉強になります。

口座を開設していなくてもセミナーに参加する事が出来ますので、各証券会社のHPを見て申し込み方法などを確認してみて下さい。

 

株式投資セミナーを比較しているサイトを見てセミナーに参加してみる

株のセミナーに行った事のない人にとって、どのセミナーがいいセミナーなのかを判断する事が非常に難しいです。

そこで、この各セミナーを比較しているサイトを使って、どのセミナーが自分にとって合うセミナーかを選ぶ事が出来ます。

>>株式投資セミナー比較サイトを見る

 

株式投資を実践しながら勉強する

 

これまで様々な方法で株式投資を勉強する方法をお伝えしてきましたが、株取引について詳しくなりたいならやはり自分自身でしっかりと取引を行う事が必要です。

 

書籍やネットの情報は万能ではありません。なぜなら株式相場はいつも一定とは限らないからです。

最近ではAIを使って株取引を行っている会社もあるという話しを聞きますが、まだまだ多くの人達が株取引を行っています。

そうした株取引は人間の感情に様々左右されるので、完全に過去の相場と一致するというものはありません。

 

そういった不安定な相場において大事になるのは、経験から得られた自分なりの株式手法と株に対する独特の嗅覚です。

それらはただ勉強するだけで身につける事は出来ません。

 

勉強して得た知識は使わなければ錆びついてしまいますし、空理空論で儲かる事はありません。実践なしの知識なら勉強する時間がもったいないです。

 

投資を行うと経済ニュースを頻繁に見るようになるというのも実際に株取引を行うメリットの一つです。

今まで関心がなかった経済ニュースも自分が身銭を切って払った株取引に関係があるなら、関心を持つようになりますよね。

投資をする事によって、働く事とは別の形で社会に関わっているという事を経済ニュースを見る事によって自覚する事にもなります。

 

投資をすると長期的な計画をするようになっていきます。

株取引というのはデイトレードなどの手法もありますが、基本的には長期的に計画を練った方が相場で勝ちやすくなります。

短期で利益を上げようとしていると、目先の利益に目がくらんで将来得られた利益を失う事もあります。

そうならないようにするために、長期的な計画を立てるようになります。

投資に関して長期的計画が立てられるようになると、資産形成に関しても同様の計画が立てられるようになります。

短期の利益ではなく、将来にわたって資産を形成するにはどうしたらいいかという視点を身につける事が出来ます。

実はこういった事は統計データで明らかになっています。投資を行っている人の方が金融リテラシーが高いという結果が、金融広報委員会が2016年に行った金融リテラシー調査で公表されています。

とはいえ、初心者がいきなり大金をかけて株取引を行うのは危険です。投資を行う際には生活費とは関係のない余剰資金を使うことによって、投資を行うようにしましょう。

投資を行う際は少しずつ投資しましょう。大金で大勝負をかけるよりも、少額投資をしてトライアンドエラーを繰り返して、相場慣れすることが大事です。

勉強をひたすらしても、実際に株式の売買を行ったという経験に勝るものはありません。少しづつ実践をしながら株について詳しくなっていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*