できる!と思わせる、仕事で相手の心をつかむ質問テクニック5選

できるビジネスマンの質問テクニック

あなたは、質問の仕方が上手だと自信を持って言えますか?

年齢を重ねても、仕事において分からない事は出てくるものです。

特に20代の内は、常に分からないことだらけで、誰かに質問しながらでないと仕事が進まないという事も多いでしょう。

ですが、忙しい相手に申し訳ない、そんなことも分からないのかと怒られたらどうしようと考えて、うまく質問できないという人は多いものです。

 

また、30代を過ぎてからですと質問しにくい雰囲気もあり、困ってしまうという事も少なくありません。

ですが、「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」ということわざもある通り、分からないままでは、仕事で失敗するリスクを抱えたままになります。

ですから、仕事においても適切な質問の仕方を身につける事は、社会人にとって非常に重要なスキルであると言えます。

 

それでは、どのように質問すれば相手を不快にさせないスマートな質問の仕方とはどのようなものなのでしょうか。

今回は、仕事における質問の仕方について、テクニックをご紹介いたします。

photo by 写真ac

質問を制すものは仕事を制す!できる人の質問テクニックとは?

質問の仕方は、その人の仕事における優秀さを図る一つの指標になります。

特に会社に入りたての場合や、新しいチームに移った時に、どのような質問の仕方をしているかでその人の優秀さを図っているケースは少なくありません。

また、質問の仕方一つで仕事に対する向き合い方も感じ取ることができます。

 

それでは、どのような質問の仕方であれば優秀さを見せることができるのでしょうか。

それは、「いかに考える事ができているか」にあります。

考えても分からないから質問をするのではないかと、思われるかもしれません。

ですが、優秀な人はあらかじめ質問の仕方についても考えた上で聞いているケースがほとんどです。

 

質問をする相手の事、伝え方、そして内容自体について考える。

これができる事が優れた質問の仕方と言えます。

それでは、具体的に説明していきます。

 

テクニック① 相手の様子をうかがって質問しやすいタイミングをつかむ

まず考えてみていただきたいのですが、あなたは仕事が忙しい時に質問をされる場合と、余裕がある時に質問をされる場合では、どちらの方が的確に答えを返せるでしょうか。

恐らく、ほとんどの方が後者を選択しますよね。

 

ですが、実際の仕事の現場では、この事が頭から抜けてしまうケースが少なくありません。

特にすぐに質問をしたい場合には、相手の様子をあまりうかがうことなく声をかけてしまいがちです。

また、一瞬見ただけでは仕事の忙しさが分からない場合もありますが、少しの間様子をうかがっていると、今は忙しそうだという事が分かる場合も少なくありません。

ですから、声をかける時には少しの間、相手の様子をうかがってから行うようにしましょう。

そして、その様子をうかがっている少しの間で、これからお伝えする内容を整理してみていただきたいのです。

そうする事で、より短い時間で質の高い質問をすることができます。

 

質問をするという事は、相手の仕事時間をもらうという事に他なりません。

つまり、相手の仕事が一時的にストップするという事でもありますから、できるだけ自分の頭の中を整理しつつ、相手の状況を見て質問をするように心がけましょう。

 

テクニック② あらかじめ質問の答えを準備して「どちらがいいか」と尋ねる

質問には、クローズドクエスチョンとオープンクエスチョンというものがあります。

前者は、「はい」か「いいえ」で答えられる内容であり、後者は自由に答える内容です。

そして、特に上司に質問をする際にはクローズドクエスチョンで聞くように心がけましょう。

 

「はい」か「いいえ」で答える事ができる質問は、事前に自分で内容について考え、そして自分なりの答えを出した上で聞いているという事になります。

そして、この質問をしているという時点で、自分なりに疑問点に向き合っているのだという事を相手に伝えることができます。

もし、自分のこれまでを振り返ってみて、「どうすればいいですか」と聞いているとしたら、これからは少し考える時間を増やしてみてもいいかもしれません。

 

また、こうして自分なりの答えを出すという癖をつけることで、問題解決能力が飛躍的に上がっていきます。

問題解決能力が高まれば、質問をする機会も減りますし、仕事の質も高まっていきますから、是非積極的に取り組むようにしてみましょう。

 

テクニック③ 前提条件を合わせた上で質問を投げかける

質問の仕方として気を付けなければいけないのが、相手の理解を合わせられているかという事です。

相手は、あなたの仕事状況を全て理解している訳ではありません。

ですから、質問の仕方を間違えると、「それはもう知っている」という答えや、逆に自分が理解できない部分を理解しているものとして答えが返ってきてしまい、結果的によく分からないという事態になってしまう事があります。

これを防ぐためには、現在の自分の状況を正確に伝える事です。

 

また、自分の状況を正確に伝える為には、何を理解していて何が分かっていないのかを、あなた自身が正確に把握しておく必要もあります。

質問をする際には、事前に自分の状況を整理し、自分は現在何をしようとしていて、それを行うために何を知らなければいけないのか、そして自分としてはどう考えているのかをまとめた上で質問をするようにしましょう。

 

そうする事で、相手にあなたの状況を理解してもらえますし、欲しい情報を正確にもらう事ができます。

 

テクニック④ 分かったふりをせずに臆せず質問をする

質問の仕方として失敗しやすい事が、分かったふりをしてしまうケースです。

確かに、「理解力が無い奴だ」と思われたくないという心理から、なんとなく分かったふりをしてしまうケースは多分に存在します。

ですが、この行動は結果的に自分のなんの利益ももたらしません。

 

質問をされた相手は、仕事ができる人ほど相手の表情をよく観察しているものです。

そして、理解していないなというのは表情や雰囲気から伝わってしまうものなのです。

その中で分かったふりをしてしまうと、結果的に仕事を任せられない人だという印象を与えてしまいます。

ですから、分からない時は素直に伝えるようにしましょう。

そうする事で、より深く、より丁寧に教えてもらう事もできるでしょう。

それ自体は仕事の評価を大きく下げることにはつながりませんし、逆に仕事を覚えようと真摯に取り組んでいる姿勢で好印象を与えることもあります。

 

また、答えてもらった内容について「仰った事は、○○という事で間違いないですか?」と確認する事も重要です。

確認をすることで相手に理解している事を伝えることにつながりますし、間違った理解を防止することにもつながります。

間違った知識のまま仕事に向かう事は、誤った仕事結果を生む事につながりますし、質問に答えてくれた方の評価を下げることにもつながりかねません。

ですから、都度確認を入れる事で、理解を深めるようにしていきましょう。

 

テクニック⑤ 質問後のあいさつとその後の行動が実は重要です

優れた質問の仕方として、終わった後の行動も重要です。

お礼の言葉を伝える事はもちろんですが、席に戻った後ですぐに仕事に取り掛かれるようにしましょう。

すぐに仕事に取り掛かる事ができるというのは、答えに対する理解ができている証拠でもありますし、漏れなく質問ができた証拠でもあります。

逆に、席に戻った後で再度疑問点が浮かんでしまう場合は、質問の内容に抜けがある、もしくは理解が足りていないという事ですので、一回で済むようにしっかりと事前準備を行うようにしましょう。

 

また、相談した人への心証を悪くするケースとして、他の人にも意見を聞いてしまうという事が挙げられます。

確かに、答えてもらった内容が本当に正しい事なのか不安だったり、もしくは納得できなかったりするケースは存在します。

ですが、この行動をされてしまうと、「うまく伝えることができなかったのではないか」という不安や、「自分に聞いたのは何だったのか」という憤りを覚える場合があります。

 

ですから、終わった後の行動も相手に見られているという事を意識しながら、仕事を進めるようにしましょう。

 

仕事で相手の心をつかむ質問テクニック まとめ

上手な質問の仕方は、質の高い仕事につながるだけではなく、円滑な人間関係の構築にも貢献してくれます。

ですから、ここで上げたことを意識しながら、うまく精度を高めていきましょう。

特に、事前に考えを巡らせて、聞く事を整理してから臨むことは質の向上につながりますから、ぜひ意識してみてくださいね。

そして、仕事の質も評価も上げていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*