サラリーマンもふるさと納税で節約!仕組みと手順をわかりやすく解説

この記事は

「ふるさと納税とは一体?」

「ふるさと納税の仕組みとは?」

試してみたいけれど方法がわからない」

という方に、ふるさと納税の基本をさくさくとご紹介させていただきます。

こんにちは。

オカネ・カレッジ みるくです。

ふるさと納税とは、自分の好きな自治体に寄付を行う代わりに税金をおまけしてもらうという制度です。 

自治体が特産品などのお礼品をくれることも多いため、税金がお得になる上に嬉しい品物までもらえる!と爆発的な人気が出ました。

今やふるさと納税は活用した経験のある人からまったく経験のない人まで、名前くらいは耳にしたことのある制度へと成長しています。

本屋を覗くとふるさと納税関係の書籍はたくさん出ていますし、ニュースでも報じられることがあります。最近では『さとふる』や『ふるさとチョイス』などのふるさと納税サイトのCMもよく見かけます。

 

ふるさと納税はとてもお得な制度で、上手く使えばとっても節約の助けになるのです!

ここでは、『ふるさと納税とは?』という方のために、ふるさと納税の仕組みから実際に寄付を行いお礼品を受け取るまでの流れをご紹介いたします。

実質負担『2000円』でうなぎやお肉など美味しものがゲットできるこの制度。
使わないと絶対損ですよ。

 

そもそも「ふるさと納税」とは??

ふるさと納税とは

『自分の選んだ地方自治体に寄付を行える制度のことです。』

そして寄付を行うことにより、

『寄付した金額から2000円を超える部分については、税金が戻ってきたり・安くなり、自治体によっては寄付のお礼としてお米などの地域の特産品がもらえます。』

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税はなぜ生まれた?

今は都会に住んでいる人でも、その多くは地方のふるさとで生まれ育ってきました。
その過程では自治体から医療や教育などの様々なサービスを受けて育ち、やがて就職や進学で地元から都会に移り、そこで納税を行っています。

その結果、人が多く移りすむ都会には税収が多く入りますが、自分が生まれ育ったふるさとの自治体には税収が入りません。

「今は都会に住んでいても、自分を育んでくれた「ふるさと」に、自分の意思で、いくらかでも納税できる制度があっても良いのではないか」(出典:「ふるさと納税研究会」報告書)

そのような想いから生まれたのが『ふるさと納税制度』なのです。

遠くに住んでいても地元はいつまでも自分にとって大切なふるさとですよね。

その対策として国が生み出した制度、それこそがふるさと納税なのです。

寄付金控除とは?

寄付金控除とは、自治体や特定の団体に寄付をした際に寄付額に応じて所得税と住民税の優遇が受けられる控除です。

ふるさと納税という名前で呼ばれていますが、制度上は寄付金控除の一種です。

税金の決まりごとには、特定の出費があると税金を優遇する制度があります。

それが控除です。

医療費が一定額以上の場合に税金がお安くなる医療費控除や、家財にダメージを受けて出費をした場合に税金がお安くなる雑損控除なども有名です。

しかしそれ以上にこの寄付金控除はふるさと納税という新しい取り組みが始まったおかげで知名度が高くなった印象を受けます。

『ふるさと納税』と呼ばれていますが、正確には自治体に税金を納めること(納税)ではなく、寄付に分類されるものなのです。

色々な取り組みのためにお金を欲している各自治体の中から自分で選んで寄付をする。

それによって、寄付金控除という昔からあった制度により税金がお得になるのがふるさと納税です。

また、寄付をすると各自治体の特産品などを自治体からお礼品としてもらえるため、税金がお得になることと合わせて「これは嬉しい制度だ!」と一気に火が点きました。

 

ふるさと納税のメリットとは?

ふるさと納税には2つのメリットがあります。

それは、

  • 税金がお得になる
  • お礼品がもらえること

ということです。

税金がお得になる

ふるさと納税は前述したように寄付金控除の一種です。

自分が選んだ自治体に寄付を行い、確定申告をすることにより寄付金に応じた所得税と住民税が安くなります。

 

具体的には

『寄付をしたうちの自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります』

(ただし、全額控除される寄附金額には、収入や家族構成等に応じて一定の上限があります。)

つまり、あなたが自分のふるさとの自治体に”2万円”寄付したとします、そうすると”18,000円”分は税金(所得税と個人住民税)が安くなるのです。

ふるさと納税のメリット

 

自分の所得や家族形態によってどれだけ寄付をすると税金上のメリットが一番受けられるのかは、総務省のサイトや『さとふる』『ふるさとチョイス』などのふるさと納税サイトで確認することができます。
>>『さとふる』ふるさと納税控除上限額シミュレーションのページを見る

>>『ふるさとチョイス』控除金額シミュレーションのページを見る

たったの2,000円で普段買えない蟹や高級なお肉がゲットできちゃうなんてお得すぎます。

「食べ物はいらないかな…」

っていう方にも朗報です。

自治体によっては電化製品や温泉券などもお礼品になっていますよ。

また、税金がお安くなればその分だけ好きなものを買ったり、ローンの返済に回したりすることができます。

家計は大助かりです。

また、このふるさと納税(寄付金控除)は二年目以降の住宅ローン控除と一緒に使うこともできます。

サラリーマンの中には住宅ローンの返済を頑張っている方も多いでしょう。

これはやるしかない!!

地域特産の食べ物などお礼品がもらえる!

ふるさと納税の魅力は税金がお得になることだけではありません。

多くの自治体では、ふるさと納税をしてくれた人に対してお礼品を送付しています。

お礼品は自治体の特産品、その自治体と関係のある企業の商品など、びっくりするくらい豊富なバリエーションです。

パソコンを始めとした家電といった高額商品から美味しい霜降り和牛やお酒などもあります。

上手く活用するとなかなか店頭に並ばない美味を手に入れて、仕事上がりにお家で一杯楽しむという贅沢もできてしまいますよ!

お礼品についてはおススメ自治体を後述しますが、ふるさと納税の人気の秘密はやはりこのお礼品がもらえるというメリットが大きいのではないでしょうか。

お礼品は各自治体とも自分の自治体の中で調達しますので、自治体内の企業にもお金が回ります。

寄付金は自治体が雇用や福祉、自然の保全、産業の保護といった各自治体の税収で足りない事業に回されることも多いです。

ふるさと納税によって寄付することにより、プラスの循環が生まれるという自治体側の大きなメリットもあります。

ふるさと納税には確定申告が必要?

ふるさと納税で税金の控除を受けるには『確定申告』が必要になります。

税務署は個人が寄付をしていることを知りませんから、確定申告によって「今年は寄付をしました。税金の優遇をお願いします」と申し出なければ、税金をお得にしてもらうことはできません。

サラリーマンは所得税と住民税の処理を会社にしてもらい、年末調整だけで少しだけ関わるということも少なくありません。

確定申告はほとんどしたことがないという人も多いはずです。

確定申告ってよくわからない…なんだか難しそう…

そんな人にはワンストップ特例制度がオススメです。

ワンストップ特例制度とは??

 

2015年から確定申告を行わないサラリーマンでも気軽にふるさと納税ができるように『ワンストップ特例制度』がスタートしました。

これは以下のような条件の時に、ふるさと納税を行った場合、税金の控除を受けるための確定申告が不要になります。

  • 確定申告が不要な給与所得者
  • ふるさと納税を行う自治体が5団体以内

上記の条件に当てはまる場合、『ふるさと納税ワンストップ特例申請書』を提出することにより、面倒な確定申告が不要になるのです。

『さとふる』などのふるさと納税サイトでは、寄付した自治体に応じて『ふるさと納税ワンストップ特例申請書』を作成してくれます。

あとは、印刷してマイナンバーの記入と簡単なチェックで終わりなので、時間がない人でも簡単に行うことができます。

サラリーマンにオススメのふるさと納税お礼品

ふるさと納税の最大のメリットはお礼品がもらえることです。

お礼品はそれぞれの自治体の一押しの品ばかりです。

自治体によっては数十から百種類以上のラインナップから好きに選べます。

具体的にどんなお礼品がもらえるのでしょうか?

人気のある自治体とお礼品を「サラリーマンお父さんが嬉しい」という観点からご紹介します。!

仕事上がりの一杯に嬉しいお礼品なら?

ふるさと納税ではたくさんの自治体が色々な魅力的なお礼品を並べています。

食べ物、飲み物、玩具に家電と実に豊富です。

そんな中でサラリーマンのお父さんにおススメしたいのがこちら。

静岡県焼津市に2万円の寄付

静岡県焼津市の2万円のお礼品であるサッポロビールのエビスプレミアム24本入り。

ふるさと納税 静岡県焼津市

画像:『ふるさとチョイス』より抜粋

>>『ふるさとチョイス』静岡県焼津市のお礼品のページを見る

静岡県藤枝市に1万円の寄付

それから、同じく静岡県の藤枝市に1万円の寄付でもらえるサントリーのプレミアムモルツ12本セット。

ふるさと納税 静岡県藤枝市

画像:『ふるさとチョイス』より抜粋

>>『ふるさとチョイス』静岡県藤枝市のお礼品のページを見る

お手頃な寄付から始めたいサラリーマンには藤枝市は特におススメです。

お酒はスーパーでも購入できますが、お礼品としてもらえれば税金もお安くなるし家計も大助かりです。

 

秋田県横手市に1万円の寄付

日本酒派のお父さんはふるさと納税はじめに秋田県横手市もいいです。

1万円の寄付で全国的に有名な日本酒である「まんさくの花」と地元でしか買えない日本酒のセットを送ってもらえます。

ふるさと納税 秋田県横手市

画像:『ふるさとチョイス』より抜粋

>>『ふるさとチョイス』秋田県横手市のお礼品のページを見る

 

ふるさと納税が初めてなら、高額な寄付からではなく1万円などのキリの良い金額で挑戦してみると方法がすぐに掴めます。

還元率の高いお礼品で家族も笑顔に!

中にはお酒はあまり飲まないという方もいらっしゃるかもしれません。

また、どうせもらうなら家族と一緒に食べられる物がいいという方もいらっしゃるはずです。

そんな方には手軽でキリの良い金額で還元率の高いお礼品を受け取れる、ふるさと納税で有名な自治体がおススメです。

宮城県都城市に1万円の寄付

肉類においてふるさと納税好きの評価も高いのは宮崎県都城市です。

こちらのふるさと納税のお礼品は何と豚肉の切り落とし4キロ!

家族で焼肉をお腹いっぱい食べられるこの量が1万円の寄付のお礼品です。

ふるさと納税 宮城県都城市

画像:『ふるさとチョイス』より抜粋

>>『ふるさとチョイス』宮崎県都城市のお礼品のページを見る

非常に人気がありますので、競争率は激しいですが時々再入荷しますので狙ってチェックしてみてください。

長崎県平戸市に1万円の寄付

そして、こちらも有名な長崎県平戸市!

ふるさと納税を活用している人からは「悩んだらとりあえず平戸に寄付しておけば間違いない」とさえ言われるトップクラスのふるさと納税王国です。

お礼品の豊富さもさることながら還元率も凄いのです。

ふるさと納税 長崎県平戸市

画像:『ふるさとチョイス』より抜粋

>>『ふるさとチョイス』長崎県平戸市のお礼品のページを見る

内臓と鱗を処理してくれて、どん!と送られてくるボリューミーな海の幸は一度食べたらやめられません。

こちらは人気のお礼品ですが、このボリュームで1万円の寄付のお礼です。

ふるさと納税をこれから始める人は、こういった高還元で有名な人気自治体から始めるのもいいですね。

とても簡単!ふるさと納税のやり方とは?

ふるさと納税は4つのポイントをおさえるだけでとても簡単にできてしまいます。

申し込んで決済して品物を受け取るという流れはインターネットショッピングに似ています。

同じように覚えてしまえば簡単です。

ふるさと納税の流れは『ワンストップ特例制度』を利用するかどうかで異なります。

『ワンストップ特例制度』の対象でない、または『ワンストップ特例制度』を利用しない場合

『ワンストップ特例制度』を利用しない場合の流れとしては以下のようになります。

  • 応募する自治体を選び申し込み
  • 寄付
  • 受け取り
  • 確定申告

の4ポイントです。

それでは申し込みから確定申告をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

①応募する自治体を選び申し込み

各自治体にいきなり寄付金を送るのではなく、まずはふるさと納税の申し込みをします。

インターネットショッピングで品物をカートに入れ、注文することと同じように捉えればわかりやすいです。

申し込み方法は各自治体のホームページで案内されています。

手順通り行いましょう。

最近はふるさと納税の総合サイトから簡単に申し込める自治体も多いです。

忙しいサラリーマンの方にはふるさと納税サイトからの申し込みをオススメします

>>『ふるさとチョイス』の公式サイトを見る

>>『さとふる』の公式サイトを見る

ただ、高額なお礼品を希望する場合は自治体にちょくせつ連絡してくださいと注意書きがしてある場合もあります。

なるべく一回は自治体のホームページに目を通しておく方が良いでしょう。

②寄付

注文の次は寄付を行います。

どんな方法で寄付可能かは自治体によって異なります。

クレジット決済できる自治体もありますし、コンビニ決済が可能な自治体もあります。

他には振り込みなどの方法があります。

自治体によってどんな方法が使えるか変わってきますので、これも寄付を希望している自治体のホームページをしっかり確認しておくのがいいですね。

おススメは簡単にできる上にクレジットカードの利用ポイントもつくカード決済です。

カード決済に対応している自治体は、寄付した額がカード利用額として基本的にクレカのポイント対象になります。

積極的に狙っていきたいところです。

③受け取り

寄付が済むと各自治体からお礼品と確かに寄付を受け付けましたという証明書が送られてきます。

証明書は確定申告で使いますので大切に取っておいてください。

お礼品は有り難くいただいてください。

お礼品によっては発送時期が定められていることがあります。

例えば果物や海産物、農作物がお礼品であった場合、それぞれの収穫期に発送が行われます。

寄付したのが4月でも収穫が12月であればお礼品が届くのは収穫後です。

また、お礼品の発送が込み合っていて発送まで時間がかかることもあります。

こういった情報は自治体のホームページに記載されますので、心配なら事前によく確認しておいてください。

また、届くまで定期的に確認しておくのもいいですね。

証明書はお礼品と一緒に届く場合と別々に届く場合があります。

注意してください。

④確定申告をする

寄付後は確定申告が必要です。

寄付を行った翌年の3月15日までに自治体から届いた証明書を使って確定申告をしてください。

確定申告はインターネットでも可能です。

>>e-tax(イータックス)の公式サイトを見る

 

 

確定申告を行うことにより、所得税・住民税からの控除が受けられます。

『ワンストップ特例制度』の対象で、『ワンストップ特例制度』を利用する場合

『ワンストップ特例制度』を利用する場合は以下のような流れとなります。

  • 応募する自治体を選び申し込み
  • 寄付
  • 『ワンストップ特例申請書』を自治体に送付する
  • 受け取り
①応募する自治体を選び申し込み

先ほどの『ワンストップ特例制度』を利用しない場合と同様に、ふるさと納税サイトなどから寄付をしたい自治体を選び、ふるさと納税の申し込みを行います。

②寄付

こちらも先ほどの『ワンストップ特例制度』を利用しない場合と同様です。

③『ワンストップ特例申請書』を自治体に送付する

『ワンストップ特例制度』を利用し、確定申告を不要にするためには、『ワンストップ特例申請書』の提出が必要になります。

『さとふる』などのふるさと納税サイトを利用すると、サイトに登録した住所や氏名など記載済みの特例申請書をダウンロードすることができます。
ダウンロードしたら、自分のマイナンバーの記入と確定申告が不要であること、寄付する自治体が5団体以内であることの確認にチェックマークをつけて完了です。

あとは、特例申請書と免許証やマイナンバーカードなどの必要書類を同封して自治体に送ります。

④受け取り

『ワンストップ特例制度』を利用しない場合と同様に、寄付した自治体からお礼の品を受け取ります。

『ワンストップ特例制度』を利用した場合、所得税からの控除は行われず、翌年度の住民税の減額という形で控除を受けることができます。

特例が使えればふるさと納税がとても楽になります。

また、初心者にはとても挑戦しやすくなります。

条件を満たしているなら積極的に活用したいところです。

まとめ

ふるさと納税は自分が決めた自治体に寄付をすることによって税金がお得になり、さらにお礼品までもらえてしまうという嬉しい制度です。

上手く使えば税金の節約になる他、夕飯がとても豪華になります。

豊かな晩酌に豪華な夕飯……!

いかがです?

魅力を感じませんか?

ふるさと納税活用の最大のネックは確定申告が必須なところでした。

しかしワンストップ特例ができたおかげで敷居がぐっと下がったと言えます。

ネットショッピングになぞらえて覚えるととても簡単ですから、これを機会にふるさと納税でお得感を味わってみるのはいかがでしょう?

一度経験すると「もっと早くやっておけばよかった!」と感じるはずです。

 

参考サイト:総務省ふるさと納税ポータルサイト 『よくわかるふるさと納税』
(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/about/)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*