ライフプランとは?あなたの人生をより豊かにする人生計画の作り方

ライフプラン

[aside type=”boader”]

この記事は

「ライフプランとは」

「ライフプランを作成することのメリットとは」

について簡単に解説する記事です。

[/aside]

あなたは『ライフプラン』を考えたことがありますか?

と聞かれて、そもそも「ライフプランって?」とか「どうやって考えればいいの?」と頭をかいてしまう人もいるかもしれません。

 

でも、大丈夫!!

この記事で、『ライフプラン』初心者のあなたにもすぐ『ライフプラン』が理解できるように

わかりやすく解説しています。

これを読めばライフプランの基礎はばっちりです。

 

ライフプランとは?

 

ライフプランとは、とりわけ『お金』に関する人生計画のことです。

人生計画といえば、「何歳までに結婚する」だったり「何歳までに子どもをつくる」と言ったように、あなたの頭の中でも漠然とした理想がありませんか。

『ライフプラン』ではその漠然とした理想をこれから起こり得るライフイベントと合わせて、

「30歳までに結婚する」

「35際までに住宅を購入する」

と言ったようにきちんとした目標にしていくのです。

そして、もう一つ『ライフプラン』で重要なのは目標を達成するための、『お金』の計画です。

これからのあなたの人生の中で多くの『お金』が必要になるタイミングがいくつかあります。

お金が必要になるタイミングが何歳ごろにやってくるのかがわかれば、そのタイミングに合わせてお金を準備する計画を立てるのです。

人生をより楽しく過ごすためには、多少余裕のある資金計画が必要です。

このように『ライフプラン』は、人生の目標を明確にし、その目標のために『お金』がいくら必要になるのかを計画するのです。

 

ライフプランはなぜ必要なのか?

近年、人生のお金の計画表であるライフプランの必要性が高まっています。

理由の最たるものとしては「収入が不安定になっているから」というものが挙げられます。

就職しても終身雇用してもらえるという保障はありません。

お金がないと生活ができません。収入が不安定でも支出は発生します。

また、「年金」もこれから先、今の生活水準と同じくらいのお金をもらえるとは限りません。

人の寿命は年々延びており、今では男性でも80歳をすぎても元気に活躍されている方もいらっしゃいます。

つまり、退職してからでも20年以上は生きるためにお金が必要になってきます。

大きな支出があるタイミングや老後に必要になるお金など、

「何時どれくらいの支出がどんな理由で発生するか」をライフプランとして知っておくことにはメリットがあるのです。

ライフプランは頭の中でぼんやり思い描くのではなく、見える化してこそ意味があります。

ライフプランを目に見える形で書くことについて詳しく説明する前に、ライフプランの中でも重要な各種イベントについて簡単に解説します。

これらのイベントはライフプランという人生の予定の中でも特に支出の多いものです。

 

ライフイベントと人生の3大資金を考える

ライフプランを考える上では、一般的なライフイベントを知ることで、これから起こり得るイベントが明確になりやすく便利です。

一般的なライフイベントとしては、以下のようなイベントが考えられます。

  • 結婚・出産
  • 住宅購入
  • 子どもの進学・独立
  • 退職・老後の生活

 

この中でも特にお金がかかるイベントとして『人生の3大資金』とよく言われる

『住宅購入費』・『教育資金』・『老後資金』の3つです。

この3つの資金はライフプランの中でも、非常に多くのお金が必要になります。

ですので、ライフプランを考え『住宅購入費』・『教育資金』・『老後資金』の3つの資金に対して、「いつまでに・いくら必要なのか」を明確にし、目標とした時期までにお金を準備することが、あなたの人生をより豊かにする方法なのです。

 

だからこそ重要!ライフプラン表を作成するメリット

 

人生の節目にはとにかくお金がかかります。

だからこそライフプランを見える化して「お金の予定表」として活用するメリットがあります。

お金は人生という長いスパンで考えなければいけないことですから、ライフプラン表という人生の予定表を作ってイベントを記載することが一般的です。

ライフプランとして、それぞれの年齢の貯蓄や年間通しての収入などを記載します。

そして、その年の支出も書き加えます。

退職金などの大きな収入が見込める年や、リフォームや車の購入で大きな支出が必要になる年にも予定を記載します。

記載は大よその金額まで書いてください。

イメージは以下になります。

ライフプランシート

大よその金額を記載することによって、ライフプラン表は「〇年までにいくら用意しておかなければいけない」というお金の予定表として機能します。

人生のイベントをライフプランという形で見える化し、家族でお金について考えるための資料として使います。

具体的なライフプラン表の作り方は、こちらをご確認ください。

ライフプラン表について詳しく説明した記事です。

あなたの人生が変わる『ライフプラン表』35年分を自動作成!!

 

ライフプランの資金を捻出するための5つのポイント

 

ライフプラン表を見ることによって何年後にどのくらいの出費があるのかすぐにわかります。

大きな支出があると予想できる年に対してはあらかじめそなえることも可能です。

しかし前述したように、現在はとても収入が不安定な時代です。

例えば5年後に家のリフォームをしようと計画し、200万円という資金計画をライフプラン表に記載していても、お金が用意できなければ意味がありません。

ライフプラン表にまとめるだけでなく、具体的にどうやってお金を用意するべきかについても考えておく必要があります。

また、ライフプラン表を作成すると、預金でも支出がまかなえず、大きなマイナスとして算出されることがあります。

家計が破綻しないためにも、マイナスをどうやって回避するかについても考えなければいけません。

ライフプランの資金を捻出するためには、5つのポイントを理解しておくことが重要です。

1、ライフプランの必要資金は多めに見積もる

ライフプランの中の一大イベントの支出は多めに見積もっておくことが大切です。

先の出費ですから一円単位で見積もることはほぼ不可能です。

ライフプランでは大体の金額で見積もりをして、ライフプラン表に記載します。

例えば90万円くらいの出費が見込まれるライフプランのイベントでは、90万円ではなく余裕を持って100万円と記載しておくなど、「予算通りいかない」ことを考えておくことが必要です。

余剰が出たら次のライフプラン表上のイベントで必要になる支出準備に充てることもできます。

少なく見積もるのではなく、余りが出るくらいの金額でライフプラン表に支出予定額を記載しておきましょう。

2、ライフプランにおける預金の活用

ライフプラン表の各イベントで必要になる支出には、主に積み立てた預金を充てます。

月20万円の給与所得があったとしても、結婚といったライフプラン上の一大イベントでは、ひと月のお給料で賄うことは非常に難しいです。

ライフプランを踏まえ、毎月こつこつと預金を積み立てておくことは重要です。

ライフプランの直前に大きな額を積み立てようとすると挫折することが多いので、ライフプラン表を確認して毎月の積立額を決め、少ない額から準備するのがいいでしょう。

銀行や信用金庫で提供している給与天引き型の積立貯金はライフプラン上の大きな支出にそなえる方法として効果的です。

 

3、ライフプランを考える上での資産運用の重要性

 

ライフプランでは、預金だけでなく他の資産運用方法を検討することも重要です。

マイナス金利ですから、預金として運用しても利息はほとんどつきません。

ついても限りなく低いものですから、ライフプランを見据えた資産運用では、預金だけに頼り切るのではなく、もっと利息のつく運用方法を取り入れましょう。

ライフプラン上の老後資金として投資信託での運用も効果的です。

ライフプランで数年後に使途が決まっている一定額を国債で運用するのもいいでしょう。

特に日本国債は安定感のある運用商品です。

預金より利息が高いという特徴と、返還日に貸した額だけ返してもらえるというメリットがあります。

数年先のライフプランを見据えた資産運用を心がけましょう。

積み立てとして積立預金や定期預金を活用し、生活費として普通預金を使う。

そしてライフプランで数年先に使うまとまった資金は国債で運用する。

将来的な収入を考えて投資信託なども検討する。

このように、ライフプラン資金に合わせて資産運用方法をセレクトすることが大切です。

 

4、ライフプランを吟味して計画変更をする

どうしても支出用のお金を用意できなかった時はライフプランを見直し、計画変更することも重要です。

例えば2020年に車の買い替えを予定していたとします。

新車を購入するつもりで200万円のライフプラン費用計画を立てていたとします。

しかしライフプランに合わせて資産運用を頑張ったにも関わらず、200万円を捻出できませんでした。

ローンを使うという手もありますが、ライフプランをもう一度考え直し、ライフプランの計画を変更することで赤字を残さずに対処できます。

一つとして、ライフプラン上では新車での買い替えを予定していたところを中古車での買い替えへと変更する方法があります。

中古車への購入に切り替えることによって費用をおさえることができます。

200万円は無理だったけれど、100万円は用意できたという時に有効な方法です。

もう一つの方法として、ライフプランでは2020年に車の買い替えを予定していたけれど、この予定をずらし2022年のライフプランに変更するというやり方があります。

ライフプランの予定をずらすことで無理せず費用を貯めることができるというわけです。

5、ライフプランに使える助成金制度を知っておこう

ライフプランにおける支出は給与などの収入を支出の年に合わせて貯蓄し対処することが一般的です。

しかし、世の中には助成金といった制度もありますので、使えるものは使って支出を減らすことも重要です。

例えばライフプラン表の中でも大きな支出となる出産。

出産には出産一時金といった制度もあります。

ライフプランの支出には、助成金制度を積極的に使うことをおすすめします。

 

ライフプランの中のイベント支出が少なく済めば、その分だけ余裕が生まれます。

次の支出への積み立てに加えることもできます。

ライフプランのお金は別に貯めることにして、余剰を旅行などの息抜き費用として使うのもいいでしょう。

まとめ

 

ライフプランというお金の計画表を立て収支の予定を可視化することにより、大きな出費の準備が事前にできるというメリットがあります。

年金も不安、収入も不安という昨今、こういったライフプランを見据えた資金運用の必要性が高まっています。

ライフプラン表を作成し、資産をそれぞれに合った方法で運用するようにしましょう。

ファイナンシャルプランナーはライフプランや資産運用のプロです。

家族のライフプラン表を作って収支の見直しを図るなら、一度相談してみるのがいいでしょう。

「ライフプラン以前に収支のバランスがとれない」というご家庭も、預金のための余剰を生み出すことができる可能性があります。

また、返済中のローンを繰り上げ返済などで対処し、家計のプラスを増やすことができる可能性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*