ネット銀行は貯めて使ってよしでメリット大!おススメネット銀行3選

貯金箱

この記事は

「お得に使えるサラリーマン向きの銀行は?」

「ネット銀行の使い方とおすすめ」

「ネット銀行のサラリーマンにとってのメリット」

についてとても簡単にお答えする記事です。

普段あまり意識しない実店舗のある銀行とネット銀行の違い。

実はその違いを意識して使うことで、貯めてよし!使ってよし!利便性最高!を実現できることをご存知ですか?

ネット銀行はサラリーマンのお父さんにぴったりの銀行なのです。

 

お金とは賢くつき合いたいですよね。

 

自分のヘソクリをこつこつ預金で貯めたい、上手に使いたいというサラリーマンのお父さんにおススメなネット銀行とその魅力をさっくり簡単に解説していきます。

 

ネット銀行のメリットとは?

ネット銀行とはインターネット上でサービスを展開している銀行のことです。 

銀行というと街角に実店舗があるようなイメージがあると思います。

確かに従来の銀行は各街に店舗があり、手続きによっては窓口に足を運ぶことが基本でした。つい最近は色々な銀行がコンビニATMでもお金の引き下ろしができるようになりましたが、記帳や定期預金などの金融サービスの解約は基本的にそれぞれの銀行のATMか実店舗の窓口に直接赴くことになります。

実店舗のある銀行はその店舗の窓口とそれぞれの銀行のATMが基本で、お金を下ろしたいなどの簡単なサービスの利用の際はコンビニATMが使えるといった感じです。

しかしネット銀行はインターネットが基本!

街角に実店舗はなく、サービスはほとんど全てがインターネットで完結してしまうのです。

だからこそ、

・利便性が非常に高い

・他のインターネットサービスと一緒に使うとお得

という大きなメリットがあるのです。

ネット銀行の2大メリットは「利便性」と「お得さ」

ネット銀行はインターネット上の銀行だからこそ、インターネットと聞いて考えられるメリットがそのまま当てはまります。

「利便性」と「お得さ」という大きな二つのメリットを順番に見ていきましょう。

ネット銀行の利便性とは?

サラリーマンのお父さんもよくインターネットでニュースを見たり、ネットショッピングをしたりしませんか。

ちょっとネットサーフィンをするだけで有用なニュースを簡単に閲覧できますし、家族と車でお出かけをする週末の天気だって簡単に閲覧することができます。

また、同僚と飲みにいくためにお店を探している時も、ネットでお店の口コミや空き状況をすぐに確認することができますよね。

ネットはとても便利なものだという実感があるのではないでしょうか。

ネット銀行はネット上の銀行ですから、まったく同じように使うことができるのです。

具体的には、

・口座開設

・取引や手続き

がほぼ全てネットだけで完結します。

口座開設といえば、実店舗のある銀行は窓口に足を運んで口座開設書類を記載し、本人確認をしてその場で口座を作ってもらうことが一般的です。

しかしネット銀行はネットで申込フォームを記載し、本人確認書類をデータとして送信するか、コピーして送付すればそれで完了です。

足を運ぶという面倒がないのです。

口座からの送金や定期預金の申し込み、解約も基本は全てネット完結です。

スマートフォンがあれば残高を確認できますし、すぐにさくさくと手続きができてしまうので、必要な瞬間にすぐに送金し、忙しい仕事の合間に定期預金の手続きや残高確認ができてしまいます。

ネット上のサービスと親和性が高いので、ネットショッピングやネットオークションの入金も楽々です。

これは常に仕事に追われている人間にとってはとても有り難いことではないでしょうか。

また、ネット上だけでなく、ほとんどのネット銀行はコンビニATMと提携を結んでいますので、仕事の合間にちょっと一息入れたくて、コンビニにコーヒーやタバコを買いに行った時に簡単に引き下ろしができてしまうのです。

夜に同僚と飲みに行く約束をしているのにお財布の中のお金が乏しいという時は、営業で社外に出ている時にちょっとコンビニに寄るだけで飲み会の資金調達もできてしまいます。

ネット銀行はとても利便性が高い!

これは大きなメリットではないでしょうか。

ネット銀行にはどんな「お得さ」があるのか

また、ネット銀行には独自の「お得さ」もあります。そのお得さとは、同系列のサービスを一緒に利用することで金利アップや手数料低額化・無料化などのサービスが受けられることです。

ネット銀行は実店舗がいりませんから、色々な企業が参入しやすいという面があります。

ネット通販大手の楽天などもネット銀行を展開しており、同じ楽天のサービスを一緒に使うことでとてもお得になるのです。

また、副業をしている人はネット銀行の口座を是非とも一つは開設しておきたいところです。

インターネット上の副業サイトの報酬はネット銀行への送金で手数料が安くなることが多いため、昼はサラリーマンで夜は個人事業主という人はネット銀行を上手に使うことで報酬をお得に受け取ることができるのです。

会社の給与は実店舗のある銀行へ送金してもらい、副業の報酬はネット銀行の口座へ送金してヘソクリにする。

こんな使い方もできますよ。

おススメならここ!のネット銀行3選!

ここからは、おススメのネット銀行について解説していきます。

具体的に利便性がよくてお得と言われても「じゃあどこのネット銀行がいいの?」という話ですね。

ネット銀行はたくさんあるのですが、まずは基本的なところを抑えて口座開設してしまうのがベターなのです。

有名なネット銀行は基本的に二つのメリットを満たしているので、どこを使ってもそれなりにメリットがあります。

ですが、筆者の独断で特に利便性とお得度が高いと感じたネット銀行とその特徴を簡単にご紹介しましょう。

順番に見て行って「あ、ここが自分に合いそうだ」というところで口座開設をするのがいいですね。

ユーザー数ナンバー1!楽天銀行

楽天銀行のHP

画像:楽天銀行のHPより(https://www.rakuten-bank.co.jp/)

>>楽天銀行の公式サイトを見る

ネット銀行といえばまずは楽天と名前が挙がるほど有名なネット銀行です。

CMでも楽天の名前はよく耳にしますので、知らない人はいないのではないかというくらいの知名度を誇ります。

また、その知名度に相応しくユーザー数もナンバーワンであり、しかも同じ楽天系列でたくさんのサービス展開をしていることも有名です。

楽天銀行はもちろんコンビニATMとも提携を結んでいるので、缶コーヒーを買いに行ったついでに簡単にお金を下ろすことができてしまいます。

ネット上の操作で簡単に手続きができてしまうことも魅力的です。

しかしこれは楽天銀行に限った話ではなく、他のネット銀行も大体できてしまいます。

楽天銀行独自の魅力は何なのでしょうか。

楽天銀行の何よりの魅力は、

・楽天の他サービスと併用で預金金利アップ

・ネット副業サイトの送金手数料が安い

・デビットカードのスペックが凄い

という三つです。

楽天銀行は最大で金利5倍!?他ネット銀行を圧倒

楽天銀行は同系列の楽天証券との親和性もばっちりで、楽天証券も一緒に使うことで金利が最大で5倍までアップというサービスがあります。

楽天証券は口座開設をするだけでOKなので、証券系はちょっとという人でも心配する必要なく金利アップが図れるのは嬉しいところ。

もちろん投資を検討しているなら、楽天口座にお金を入れておけば入出金が楽になります。

また、ネット副業サイトでは、報酬を楽天銀行の口座に送金すれば手数料が安くなることが非常に多いことが特徴です。

もちろん他のネット銀行にも送金はできるのですが、手数料が安くなることを考えて楽天銀行を指定する人はとても多いのです。

ネット副業でヘソクリを考える人にとっては、真っ先に口座を作りたいのが楽天銀行であるといえるでしょう。

デビットカードが優秀なのも楽天銀行の特徴です。

デビットカードとはクレジットカードと違い決済額を後で口座からまとめて引き落としではなく、使った金額はすぐに口座から引き落とされるタイプのカードです。

楽天銀行の場合はデビットカードですぐに利用額を口座引き落とししてもらえるというだけでなく、使用額に対して1パーセントのポイント還元が受けられることも特徴です。

1パーセントといえば楽天クレジットカードと同じポイント還元です。

デビットカードでは最高レベルのポイント還元です。

ポイント還元が多いと、預金金利が高いことと同じ効果が得られます。

結果的にリターンが多くなるわけですからね。

クレジットカードは苦手という人はデビットカードを中心に使っていくことでメリットがあります。

もちろんデビットカードは口座引き落としが中心ですから、楽天銀行に口座がなければ意味がありません。

ネット銀行の口座開設はどこにしよう?

悩んでいる人にはまず真っ先に検討してもらいたいのがこの楽天銀行です。

 

 

 

住信SBIネット銀行はとにかく手数料がお得!

住信SBI銀行のHP

画像:住信SBIネット銀号のHPより(https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate)

>>住信SBIネット銀行の公式サイトを見る

金利だったらSBI証券との口座連動でぐんとお得になる住信SBIネット銀行もおすすめです。

ですが、銀行の預金金利が軒並み横並びのマイナス金利の時代、預金でがっつり利息を得ることが難しくなりました。

そこで考えたいのは総合的なお得さ。

手数料などの他サービスが低額または無料であれば利息を得る効果と同じであると考え、サービスの良いネット銀行を選ぶことが重要になります。

楽天銀行と並んで非常にお得なネット銀行としては「住信SBIネット銀行」が挙げられます。

ネット銀行ですからもちろん利便性が非常に高いのです。

しかもそれだけでなく、住信SBIネット銀行は手数料面でダントツのお得さを誇るのです。

住信SBIネット銀行は、

・振込手数料無料

・お金を下ろす手数料が無料

というとても便利なネット銀行なのです。

 

手数料のお得さなら住信SBIネット銀行の独壇場?

もちろん住信SBIネット銀行もコンビニATMには対応しています。

ほとんどのコンビニに対応していますから、「あ、このコンビニは使えないのか」という不便がありません。

しかも面白いのが、住信SBIネット銀行は手数料が大変お得であるというところ。

預金残高やローン残高などに応じてランクが決まり、ランクに応じて振込手数料とATM手数料が無料になるというサービスがあります。

銀行のあるある話で、金利だけでネット銀行を選んだら結局手数料で金利以上のマイナスが出てしまったというものがあります。

住信SBIネット銀行は最大で月15回分の手数料が無料化しますので、上手く使えば手数料が一切かからないというメリットがあります。

僅かな金利の高さでネット銀行を決めるより、手数料が安いあるいは無料で使えるところを探す。

かなりの額を預けなければこの低金利の時代、数百円の利子を生み出すことは難しいです。

だったら手数料でお得になってしまおうという考えですね。

住信SBIネット銀行は手数料面で見たら、ネット銀行ではトップクラスのお得さを誇ります。

手数料なら新生銀行も!ATM利用が多いなら

新生銀行のHP

画像:新生銀行のHPより(http://www.shinseibank.com/)

>>新生銀行の公式サイトを見る

同じく手数料であれば新生銀行も忘れてはいけません。新生銀行も有名なコンビニATMとはほぼ提携をしていて、ネット銀行の中で見ても下ろしやすいネット銀行に入ります。

しかも新生銀行の凄いところは、何と365日24時間常にATM手数料が無料というところです。

口座にお金を入れておき頻繁に下ろす、そんな人は、この手数料無料の恩恵を大きく感じることでしょう。

ATMでの手数料で金利分が吹き飛んでしまうということが新生銀行では防ぐことができるのです。

ネット銀行取引でTポイントが貯まる!?

新生銀行の面白いところはそれだけではありません。

実は新生銀行、コンビニATMへの入出金でTポイントが貯まることをご存知でしょうか。

Tポイントとは、TUTAYAやファミリーマートで使えるTが目印のカードです。

基本は買い物時の提出でポイントが貯まるのですが、新生銀行の場合は預金の入出金や外貨貯金、投資信託、自動引き落としの設定などでもがんがんTポイントが貯まります。

ポイント還元があればその分だけメリットがあります。

金利比較をするのではなく、手数料無料化やポイント還元で比較してネット銀行を決めることにより利息以上の恩恵があるのです。

まとめ

ネット銀行はインターネット上で手続きがほぼ完結し、同系列の他サービスと併用することで素晴らしいメリットを得られるところがポイントです。

マイナス金利に突入し、預金金利はどこも横並びの時代になりました。

そこで考えたいのは「サービス併用でお得になる」ことと「利便性」の二つです。

金利がどこも横並びなら、サービスで使い勝手の良いところ、そしてサービスも併せてお得になるところを選ぶのがいいですね。

ご紹介した二つのネット銀行は有名なネット銀行で、二つのメリット面をきっちり満たしています。

他にも色々なネット銀行がありますので、メリットを考えた上で取捨選択してみてください。「意外にここもいいかも?」が見つかるはずで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*