金持ち父さんの教え 第3の教え 「自分のビジネスを持つ」

金持ち父さんの教え「自分のビジネスを持つ」

みなさん。こんにちは^^

今回もロバート・キヨサキ氏の『金持ち父さんの貧乏父さん』の教えから紹介していきます。

今回は金持ち父さんの第3の教えから「自分のビジネスを持つ」についてです。

実は恥ずかしながらこのブログもこの章から影響されて始めました。。。

まだまだビジネスとは言えませんが。。。

みなさんもこの章で言うような自分の”ビジネス”について考えてみましょう。

 


あなたのビジネスはなんですか??

「あなたのビジネスはなんですか??」

そう質問されたらあなたはどのように答えますか??

銀行員? 消防士? はたまた私のような会社員?

これらは立派な仕事だと思います。

しかし、注意したいのはこれらはビジネスではなく職業の一つだということです。

そして、あなたをお金持ちにするのはこの”ビジネスを持つ”ということなのです。

第三の秘訣とは、自分の「ビジネス」を持つことだ。多くの人がいつもお金に苦労している直接の原因はたいていの場合、一生他人のために働いていることにある。世の中には、毎日いくら働いても結局は何も自分の手元には残らないという人がどんなに多いことだろう。

ロバート・キヨサキ:金持ち父さんの貧乏父さん改訂版:筑摩書房 p104

お金に苦労する原因として我々が”他人のために働いている”とあります。

他人のために働いている状態とは、今の私のような会社員として働いている人たちです。

一般の会社員なら会社に雇われ、毎日8時間働くことにより対価として給料をもらいます。

つまりまず会社(オーナー・株主)のために働き、残りは税金として国や県に収めます。

車や家をローンで購入した場合は銀行のためにも働かなければなりません。

このようにした私たちは毎日他人のために働いているのです。

「他人のためになんか働きたくない!!」

そうお考えのあなたはいち早く自分のビジネスを持ちましょう。


自分のビジネスを持つ = 本当の資産

金持ち父さんの第一の教えを覚えていますか??

第一の教えの中では自分がいなくてもお金を生み出す”資産”を買うことを勧めています。

そして自分のビジネスを持つことが本当の資産を持つことになるのです。

しかし、いきなり仕事を辞めてビジネスを始めるのは賢明ではありません。

今までどおりこれまでやってきた昼間の仕事はそのまま続けながら、自分のビジネスを持つことを考え始めることが大事なのです。


どんなビジネスがあるのか??

では昼間の仕事をしながらでも始められるビジネスとは何か、考えてみましょう。

キヨサキ氏は本当の資産について以下のようにあげています。

  1. 自分がその場にいなくても収入を生み出すビジネス
  2. 債券
  3. 収入を生む不動産
  4. 手形、借用証書
  5. 音楽、書籍などの著作権、特許権
  6. その他、価値のあるもの、収入を生み出すもの、市場価値のある物品など

では”自分がその場にいなくても収入を生み出すビジネス”は何でしょうか。

 

 

例えば”ブログ”がありますよね。

良質なコンテンツを提供できれば、たくさんの来訪者が見込め広告収入が入ります。

もしくは今話題の”youtube”ビジネスも気になりますね。

こちらも閲覧数を稼げるようなおもしろい動画を作れれば、自分がその場にいなくても収入を生み出せます。歌が得意なら歌唱動画をあげたり、ゲームが好きならゲーム実況動画もいいでしょう。

しかし、こちらもおもしろいコンテンツでなければいけませんが。。。


ビジネスのタネはどこにでもある

ビジネスと成り得るものは世の中にいくらでもあると思います。

しかし、大事なのはそれを自分の頭で考え・実際に実践してみることではないでしょうか。

みなさんも、じっくり時間をかけて投資をし自分自身のビジネスを築きあげお金持ちへの道を進みましょう。

スクリーンショット 2016-07-24 10.46.44

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*