リスクを恐れない

リスクを恐れない

みなさんこんにちは。

今回は投資のリスクについてのお話です。

資産運用を全くしない・興味がない人には株や不動産はギャンブルのように考える

人が多いと思います。

しかし、あなたが本当にお金持ちになりたかったら、リスクを恐れてはいけません。

リスクと上手に付き合うことがお金持ちへの第一歩なのです。

投資に興味があるけど失敗するのが怖いという方・・・

ここではそんなあなたがリスクをとるべき理由を解説していきます。

 


リスクとは!?

まずは”リスク”とは何かについてです。

”リスク”を辞書で調べると以下のように書いてあります。

リスク【risk】

 危険。危険度。また、結果を予測できる度合い。予想通りにいかない可能性。「―を伴う」「―の大きい事業」「資産を分散投資して―の低減を図る」 保険で、損害を受ける可能性。

goo国語辞書より引用

この辞書にもある通り、多くの人はリスク=危険、リスク=ギャンブルと考えてしまいがちです。

しかし、リスクと危険は全くの別物だと考えてください。

リスクは計量可能で、自分自身でコントロールが可能なもの。

その逆に計量不可能で、自分自身でコントロールできないものはリスクではなく、ギャンブルとなってしまいます。

株式投資を例にすると、株式投資には主にファンダメンタルズ分析とチャート分析があります。

ファンダメンタルズ分析とは・・

 企業の業績や株価などを用いた投資指標から株価が割高か割安かを判断する投資手法

チャート分析とは・・

 チャートパターンやテクニカルチャートを利用することで株価動向を分析する投資手法

ではどちらがリスクでどちらが危険(ギャンブルなのか)・・・

“賢明なる投資家”候補の皆さんならすぐにわかるはずです。

チャート分析が危険なことを・・・

 

(チャート分析はあくまで株価の動きから予測したに過ぎず、多くの”ダマシ”があります。)


リスクを取らなければ資産がどんどん減る!?

リスクは自分自身でコントロールが可能です。

そして現代の資本主義ではこの”リスク”の計量を上手に行い、リスク・リターンのバランスから自分の資産をリターンが得られやすいところに上手に配分した人ほど豊かになるのです。

ここで例をあげてみます。

自分の資産を全て銀行の普通預金に預けている”慎重さん”とリスクを取りながら資産を運用している”リスクさん”がいたとします。

“慎重さん”は銀行に預けている限り元本の保証がされ、資産が減ることはないでしょう。

しかし、”リスクさん”はリスクを取りながらも一定の確率でどんどん資産を増やしていきます。

つまり、”慎重さん”の資産の価値は相対的に下がっていくのです。。

 

 

 

仕事で忙しいサラリーマンの皆さんも、投資に関する勉強の時間もなく資産をただ銀行に預けたままにしている人が多いと思います。

それではリスクを取りながら資産運用している人たちに比べて相対的に資産を減らしているのです。

ただし、注意したいのはリスクの取り方です。

リスク資産が不幸にも値下がりしてしまうことは確かにあります。

しかし、リスクはコントロール可能です。

リスク資産を複数に分散投資すれば、すべての資産が一度に値下がりすることを小さくすることが可能になるのです。

 


まずはリスク資産への投資の意思を固める!! 

ここまで読んでいただけた方なら、

・リスクをとることが”ギャンブル”ではないこと

・銀行にお金を預けているだけでは、資産が減ってしまうこと

・リスクを上手にとれば資産を増やすことができること

理解いただけたかと思います。

しかし、お金もちになるために一番大事なことは

リスク資産への投資の意思を固めることです。

お金持ちになろうと、株や不動産投資の本を隅々まで読んでも、実際に投資しなければ何の意味もありません。

まずは実際に投資を始め、実践しながら投資についての勉強をしていきましょう。

そうすれば、毎日仕事に追われる”ラットレース※”から抜け出すことができるのです。

 


 

※ラットレースについては金持ち父さんの教え 第一の教え「金持ちはお金のために働かない」を参照ください。

金持ち父さんの教え 第一の教え「金持ちはお金のために働かない」

 

参考文献

『お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践』著者:勝間和代 光文社新書(2007)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*