ロボアドバイザーとは?話題のロボアドバイザーをやさしく解説

ビジネスマンとチャート

 

最近、株式投資の一つの手段として『ロボアドバイザー』が注目されています。
ロボットが投資のアドバイスをするの??と頭の中が『?マーク』でいっぱいの人もいると思います。
ここでは、今話題となっている『ロボアドバイザー』について、株式投資初心者の方でもわかるようにやさしく解説し、現在各社から提供されているロボアドバイザーについてまとめてみましたので紹介します。

ロボアドバイザーとは

ロボアドバイザーとは、資産運用を行いたい人がいくつかの質問(お金に対する考えかたや使い方、リスクに対する考え方を測る質問)に答えることによって、その人に最適な投資の組み合わせ(ポートフォリオといいます)を提案し、自動で資産運用を行ってくれるサービスです。

一般的に投資と考えると株式での資産運用がありますよね。
しかし、株をまったくわからない投資初心者が資産運用を行おうとしても、いったいどの株を買えば良いのかわからなかったり、銘柄選びに多くの時間がかかったりしてしまい非常に苦労します。
ロボアドバイザーはそんな投資の運用の手間をはぶき、どの金融商品にどのくらいの配分で資産運用をするのかすべて自動的に決めて運用してくれるのです。

ロボアドバイザーのメリットとは

ロボアドバイザーには以下のようなメリットがあります。

  • 金融商品選びをロボットにおまかせ
  • 運用の手間がゼロになる
  • 心理的なミスジャッジを防いでくれる

金融商品選びをロボットにおまかせ

資産運用を行う上で、一番重要なことは『投資のリスク』を最小にすることです。
投資におけるリスクとは何かと言うと、投資した時のお金よりも戻ってくるお金が減ってしまう『元本割れ』があります。
このようなリスクを小さくする手法のひとつとして投資する地域や商品を分散して投資する『分散投資』が有効とされています。

しかし、いざ分散投資をしようとしてもどのように分散投資をすれば良いかわからず、困ってしまいます。さらに世の中にはさまざまな金融商品があるのでなおさらです。
※例えば、日本の株式、外国の株式、国内・国外債券やREIT(不動産)、商品(金や原油など)取引があります。

ロボアドバイザーはそんな金融商品選びを利用者の「お金に対する考え」や「リスクに対する考え」に合わせて最適な組み合わせを選んでくれるのです。※ここでいう最適とは、リスクが同じでも期待するリターンが大きい組み合わせを選ぶことです。

運用の手間がゼロになる

いざ投資する金融商品が決まったとしてもその金融商品を発注し、日々の値動きに気をつかわなければなりません。また、仮に金融商品の組み合わせが期待するようなリターンとならないこともあります。そのような時は、金融商品の組み合わせや割合を変えたりする必要が出てきます。

ロボアドバイザーならこのような運用の流れをすべて自動でやってくれるのです。

心理的なミスジャッジを防いでくれる

投資で利益を得るための原則は『安く買って高く売る』ということです。言うのは簡単ですが実際に実践するのは大変難しいことです。例えば、リーマンショックのような暴落が発生した時期は、これからも下がるかもしれないと考え投資をちゅうちょしてしまう人が多くいます。しかし、その後の景気回復を考えればその時期に買っていれば大きなリターンが得られていました。このように人は「わかっていても買うのが怖い」と心理的にミスジャッジをしてしまうことが多々あります。

ロボアドバイザーはこのような心理的な問題はありません。期待されるリターンのために適切な資産配分の維持など合理的に投資行動を行います

ロボアドバイザーのデメリット

ここまでロボアドバイザーのメリットについて述べてきましたが、何事もメリットばかりではありません。当然、ロボアドバイザーにもデメリットはあります。デメリットとして考えられるものは以下の2点といったところでしょうか。

  • 投資信託に比べ、手数料は割安とはいえない
  • 新しいサービスなので、過去の運用実績に乏しい

投資信託に比べ、手数料は割安とはいえない

ロボアドバイザーと同じようなサービスと言えば、『投資信託』が思い当たります。
ロボアドバイザーと聞いて人手がかからないため、手数料も割安になるかと思いますが、現状投資信託と比べて、手数料については割安とはいえません。

例えば、ロボアドバイザーを提供している中で、最低水準の手数料となるものに楽天証券の『楽ラップ』があります。その手数料は0.99%です。(※手数料は固定報酬型,運営管理費用と組入れる投資信託/ETFの投資運用に関わる費用の合計)

たいして、投資信託の中でも手数料があまりかからないインデックスファンド(日経平均株価と同じような動きを目指す)の中で手数料が最低水準のファンドに『ニッセイ日経225インデックスファンド』があります。その手数料は0.27%です。

手数料だけを比較してしまうと、投資信託の方が安いといえます。
ロボアドバイザーはまだ始まったばかりのサービスなので、ロボアドバイザー普及のため、さらなるコストダウンを実現してもらいたいものです。

新しいサービスなので、過去の運用実績に乏しい

投資信託を決める際の一つの目安として『過去の運用実績』から判断することがあります。しかし、ロボアドバイザーは新しいサービスゆえに『過去の運用実績』が乏しく、ロボアドバイザーで使われている金融アルゴリズムが本当に期待するリターンを得られるのか疑問が残るところです。

ロボアドバイザーはお得なのか?

ここまで、ロボアドバイザーについてメリットとデメリットを見てきましたが、結局ロボアドバイザーはお得なのかそれとも損なのか考えてみました。

私は株や資産運用をやったことがない初心者の方にはオススメできるサービスだと思っています。資産運用初心者の方にとってはまず、どのような金融商品を選べばいいのかわからず困ってしまうと思います。また、金融商品を選ぶためにいろいろな本を読んだり勉強も必要になるため多くの時間が必要になってきます。そうなると忙しいサラリーマンの方はあまり時間がかけられず結果、投資をあきらめてしまうということになりかねません。

ロボアドバイザーならいくつかの質問に答えるだけで、自分の特性(リスクについての考えなど)にあった、金融商品を選んで自動で資産運用をしてくれます。
初心者の方はロボアドバイザーが自動で資産運用をしている間に年に数回発行される取引レポートから株や資産運用についての勉強ができるので、余ったお金で資産運用を行い、浮いた時間で勉強もできる非常に効率が良いサービスだと思います。

ロボアドバイザーを使った資産運用の流れ

次は実際にロボアドバイザーを使って資産運用を行う場合、どのような流れで行われるのか見ていきましょう。一般的には以下のような流れで資産運用が行われています。

  1. インターネットを使った無料の診断
  2. 運用コースの提案
  3. 口座開設と投資一任契約
  4. ロボアドバイザーによる自動運用

インターネットを使った無料の診断

ロボアドバイザーの特徴の一つと言って良いのが、インターネットを使った無料の診断です。この診断により利用したい人の『お金に関する考え方や使い方、リスクに対する考え方』を計測しその人にあった投資スタイルから運用コースを作成します。

以下は楽天証券の提供するロボアドバイザー『楽ラップ』での設問の例です。

  • 交流会に参加したところ知り合いが一人もいませんでした。あなたはどうしますか。
  • 少し体の調子が悪いと感じました。どうしますか?
  • 野菜を買う時に、どのように選びますか?
  • 初対面で人の性格を見分けることが得意ですか?
  • 金融商品に対する投資は総資産のどれくらいの比率が適切だと感じますか?

投資に関する考え方の質問とわかるものから、いっけん投資とは関係なさそうな質問までさまざまです。

運用コースの提案

先ほどの診断によりロボアドバイザーがその人がどのような投資スタイルなのかを測り運用コースを提案します。投資スタイルとは例えば、資産運用は保守的で儲けは少なくていいから絶対に損をしたくないタイプの人やある程度の損を覚悟して多くのリターンを求めるタイプなどです。

ちなみに私が『楽ラップ』で診断してもらった結果は

管理人の診断結果

画像:楽ラップホームページより(https://wrap.rakuten-sec.co.jp)

『資産の保全をはかりつつ、攻めたい』タイプだそうです。
見事に的中しています(笑)

金融商品の組み合わせも以下のように提案してくれました。

管理人の診断結果_ポートフォリオ

画像:楽ラップホームページより(https://wrap.rakuten-sec.co.jp)

私の場合は、攻めたいだけあって株式の比率が大きいようです。

口座開設と投資一任契約

提案された運用コースで実際に投資する意思が固まったら、口座の開設と申し込みになります。口座の開設はメールアドレスの登録、本人確認書類の登録、銀行口座等の入力などで、すべてオンライン上で完結する場合もあります。
ロボアドバイザーの場合は運用のすべてをお願いすることになるので、『投資一任契約』が必要になります。これも電子交付サービスに同意すれば、オンライン上で完結します。
口座開設後は入金を行い、ロボアドバイザーによる運用が始まります。

ロボアドバイザーによる自動運用

いよいよロボアドバイザーによる自動運用です。ロボアドバイザーの自動運用では利用者がどの程度までリスクを許容できるかを測り、最適な金融商品の組み合わせを構築し、自動で発注します。また、運用期間中に値動きの変動によって崩れてしまった金融商品の組み合わせの配分を自動で調整してくれます。これらはすべて自動で行われるので、利用する人は運用の手間をゼロにすることができるのです。

ロボアドバイザーを紹介

ここでは現在(2016年11月)提供されているいくつかのロボアドバイザーを紹介します。

『楽ラップ』:楽天証券

 

楽ラップホームページ

画像:楽ラップホームページより(https://wrap.rakuten-sec.co.jp)

まずは楽天証券が提供するロボアドバイザー『楽ラップ』です。
インターネット完結型の投資一任型運用サービスで10万円からサービスを利用することができます。
運用は7つの資産カテゴリーから「より適切な資産配分」を行い投資信託を通じて行われます。(※7つの資産カテゴリーとは、国内/海外株式、国内/海外債券、REIT、その他、現金/MRF)
手数料は固定報酬型と成功報酬型があり、固定報酬型の場合の手数料は0.99%となっています。(※手数料は固定報酬型,運営管理費用と組入れる投資信託/ETFの投資運用に関わる費用の合計)
他のロボアドバイザーとの違いは主に投資の対象がETFではなく投資信託を通じて行われている点です。

『THEO[テオ]』:お金のデザイン

テオホームページ

画像:THEOホームページより(https://theo.blue)

次に株式会社お金のデザインが提供するロボアドバイザーTHEO[テオ]です。
こちらも投資一任運用サービスで10万円からサービスを利用することができます。
運用手法として『徹底した分散投資によるリスク低減』をかかげており、世界86の国と地域からおよそ40種類のETF(上場投資信託)から資産配分を構築しています。
また、投資先も株、債券、不動産や金・原油など徹底した分散投資が行われています。
手数料は3000万円までの部分で1%、3000万円を超える部分については0.5%となっています。

『WealthNavi』:ウェルスナビ

wealthnaviホームページ

画像:WealthNaviホームページより(https://www.wealthnavi.com)

次はウェルスナビ株式会社が提供する『WealthNavi』です。
こちらは始めるにあたり最低投資金額が100万円からと高額です。
運用手法としては『世界の富裕層が利用する金融アルゴリズム』を用い『国際分散投資』を行うことで、世界経済の成長率を上回るリターンを目指しています。
手数料はTEHO[テオ]と同じく3000万円までで1%となっています。
『WealthNavi』には他にも、自動積立、自動再投資、自動税金最適化(税負担が一定額を超えた場合、含み損を実現することで、翌年以降に繰り延べる機能。繰り延べがなかった場合よりも運用できる金額が増えるため、投資効率の向上が期待できる)と他にはないサービスを提供しています。

最後に

ここまで、ロボアドバイザーについてまとめました。ロボアドバイザー自体まだ始まったばかりのサービスのため、本当に期待するリターンが得られるのかは今後も注視したいところです。とはいえすべて自動でやってくれるのは仕事が忙しいサラリーマンにとっては非常にありがたいサービスだと思います。今後、手数料がさらに安くなることで、忙しいサラリーマンの味方としてこのロボアドバイザーが普及すること願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*