自信が導く明るい未来。自信をつける為に行いたい簡単な5つの事

スーツ姿の男性

仕事でも人間関係でも、そして恋愛においても、自信を持って行動できる人は生き生きとしているように見えますよね。

 

自信を持って行動している人達は常に気力に満ち溢れていて、新しい事にどんどんチャレンジしている。

そうした人に優秀な人や人格者が集まり、人生が華やかである。

かたや自分は、あまり自信を持つ事ができない為に自分の思いをうまく伝えられず、仕事をしていてもなかなか成果が出ない。

新たな人脈を作る事もできずに、仕事も人間関係も、そして恋愛もどこかうまくいかない…

 

あなたはそうした思いを抱えていませんか?

もし抱えているのであれば、これからご紹介する自信のつけ方、そして、そもそも自信とは何かを知る事は大きな転機になる事でしょう。

今日、この出会いが、あなたにとっての新しいスタートになれたら幸いです。

 

自信があるとない人の違いとは?自身がある人が見ている世界とは。

自信を持つ事のメリットはなにがあるのか?

自信を持ちたいという人は多いですが、実際に自信を持つ事のメリットはなにがあるのでしょうか。

また、自信を持つ事で何が大きく変わるのでしょうか。まずは、そこから考えていきたいと思います。

 

まず、自信を持つ事で感じられる一番大きなメリットは、不安からくる辛い気持ちを持つ事が少なくなる事が挙げられます。

自信がない時というのは、ちょっとした事で気持ちが不安定になってしまいがちです。

「うまくいかなかったらどうしよう」、「また怒られる、失敗する」。そうした思いが気持ちを落ち込ませてしまいます。

 

ですが、自信をもっている人は、そうした結果に対する不安が少ない人が多いものです。

だからこそ、将来に対する不安が少なく、気持ちが不安定になる事が少なくなるのです。

 

また、自信をもって行動することで不測の事態への対応が強くなり、そして成果が出やすくなります。

仕事で想定していなかった質問に答える時や問題が発生した時、または人間関係におけるトラブルに対して、的確な対応や粘り強い対応ができるようになります。

それはすなわち、成果が出やすくなる事を意味しています。

 

 

自信をもつ事で開けてくる世界とは?

自信を持って物事に取り組む事ができる人は、新しいチャレンジにも積極的です。

 

自信がない時は、新しい事に挑戦するというのは不安が多いものですよね。

ですが、自信を持っている人は新しい挑戦にも楽しみを感じることができます。

だからこそどんどん知識や経験が増えていきますし、そこからまた自信をつけていくといういいスパイラルに入っていきます。

そうなると、ちょっとした出来事にも前向きに取り組む事ができるようになりますし、何よりも毎日が楽しくなります。

 

人と話すのも楽しいし、仕事をするのも楽しい、もちろん恋愛も、旅行をするのも楽しい。

そうした充実感に満ち溢れた日々を送る事もできます。

自信をつける事は、人生を豊かにする事と同義といってもよいでしょう。

ですから、自分に自信を持てない人はまず自信をつける事が、人生を好転させる為の第一歩と言えるのです。

 

自信があるように見える人の本当のトコロ

トップアスリートや経営者も感じている不安の気持ち

自信を持って行動している人は非常に輝いて見えますよね。

でもご存知でしょうか?

自信があるように見える人も、実は心の中で「失敗したらどうしよう」「うまくできなかったらどうしよう」という不安と戦っている人が多いものなのです。

 

例えばプロのアスリートのコメントを聞いていると、大事な試合の前には緊張したり不安な気持ちと戦ったりしている人が多い事に気づきます。

野球の世界大会であるWBCに日本代表として参加した坂本勇人選手も、第三回のWBCの時はミスをするのが怖くて、「こちらにボールが飛んでこないでくれ」と心の中では思っていたそうです。

また、ユニクロで有名なファーストリテイリングの社長である柳井正さんも、時には会社が潰れるのではないかと不安になって、朝4時に飛び起きて会社に行った事があるそうです。

 

自信があるように見えても、実際は心の中で多くの葛藤があるものです。

 

このように誰しもが不安を抱え、そして不安と戦っているものです。

ですから大切な事は、生まれた時から自信満々の人などいないという前提に立って、成長する過程で自信をつけていったのだという事を理解する事です。

この事を理解しておくと、少し気持ちが楽になるのではないでしょうか。

 

大切な事は不安との向き合い方 生まれつき自信に満ち溢れた人はいません

自信というのは、生まれもった素質なのではなく、成長する過程で身につけたスキルです。

誰かから与えられるものでも突然降ってくるものでもなく、少しずつ積み重ねていくものなのです。

そして、自信をつける為のメカニズムを知っていないと、そのスキルは簡単に失われてしまうものでもあります。

 

自信というのは難しいもので、それを得る為にはコツコツとためていく必要があるのですが、ある時一気に無くしてしまうものでもあります。

ですが、自信を得る為のメカニズムや、そもそも自信とは何かという事を理解しておけば、減らすスピードを落とす事もできますし守る事もできます。

ですから、自信とは何かという事をしっかりと理解できるようにしましょう。

それではここから、どうすれば自信をつける事ができるのかをご紹介いたします。

 

自信をつける為に必要なたった一つのポイント

自信を失う負のスパイラルとは?自信を持てない原因を知る事から始める成長の一歩

どのようにすれば、自信をつける事ができるのか。

それを知る為には、先に自信を失ってしまう結果の原因を知る事が重要です。

原因を知らずに対策を練っても的外れな結果になってしまいます。

それでは自信を持てない原因は何でしょうか。

それは、周りと比較して劣っている自分に劣等感を覚えてしまう事です。

 

考えてみると、子供の頃から大人に至るまで、劣等感を覚えやすいタイミングはいたるところに潜んでいます。

例えば、学校の勉強はテストがある為に明確な優劣がつきます。

また、社会に出ると同期や先輩、後輩の中で出世争いが行われたり、上司や取引先から怒られてしまったりする事で、自分はダメなのではないかと考えてしまいます。

 

特に、社会人になって怒られない人はまずいませんから、そこでどんどん自信を失ってしまう人は少なくありません。

失った自信は行動を鈍らせ、そして鈍った行動は優れた結果を生みにくくなってしまいます。

そしてますます自信を失ってしまうのですね。

ですから、まずはこの負のスパイラルから抜け出す事が自信をつけていく為に必要な事です。

 

自信をつける為に最も重要な事はとてもシンプルな事

自信のつけ方として重要な事は、非常にシンプルです。

それは、「結果ではなくプロセスにフォーカスする」という事です。

自信を持つという事は、「自分ならできる」という確信を自分で持っている、という事に他なりません。

 

多くの人は、出てきた結果から「自分はできる人だ、できない人だ」という事を判断してしまいがちです。

ですが、結果というのはその時の状況や周囲の環境、そして運によっても変化してしまいます。

そうした、自分の影響が及ばない範囲を踏まえた部分で自分を評価していては、安定して自信をつける事は難しいですよね。

 

ですが、プロセスにフォーカスする事ができれば、そこに関わるのは自分だけです。

自分がそのプロセスに真剣に取り組んでいたのか、人が見ていない時でも手を抜いていなかったかという事は、周囲は関係が無い部分です。

だからこそ、そのプロセスをやり切る事で、周囲に影響される事なく「自分ならできる」という確信を得る事ができるのです。

 

さらに言えば、プロセスによって自信を持つ事ができれば、結果でモチベーションが変わる事は無くなります。

何故なら、プロセスを重視すれば自ずと結果は出てくる事を、自信を持っている人達は理解しているからです。

どのようなプロセスを踏めば成果が出るかを知っている、だから自信を持って新たな事にチャレンジする事ができる。

これが、自信を持っている人たちが自信に満ち溢れている所以です。

 

だからこそ、まずはプロセスにフォーカスして自信を身に着けていく事が重要なのです。

 

自信を持っている人が確信しているのは「成果」ではなく「プロセス」を踏める自分

自信を持っている人が自信を持っているのは、実は成果に対してではありません。

成果は結果であり、外部環境によって左右されるからです。

そして本当に自信をもっているのは「プロセス」です。

 

どのようなプロセスを踏めば成果を出せるのかを理解し、そして実践できることを理解しているからこそ、自信を持つことができるのです。

ホリエモンで有名な堀江貴文さんも、ITバブルに乗じて大きな成功をつかんだ後、逮捕という出来事を通じて多くのものを失いました。

ですが、堀江貴文さんは成功をつかむまでのプロセスに自信を持っていたからこそ、今、復活を遂げることができているのです。

それだけ、プロセスにフォーカスすることが大切なのです。

 

それでは次から、具体的にどのような行動をとる事が自信につながるのかをご紹介していきます。

 

今からできる、自信をつける為に行う事① 手放すものを決める

自信をプラスするにはマイナスするから始める事。手放す勇気が手に入れる枠を広げます

さて、それでは自信をつける為に具体的に何をすればよいかを、ここからご説明していきます。

まず初めにご紹介するのは「手放す」という事です。

自信をつけるのに手放すというのはどういう事?と思われるかもしれませんが、ご説明します。

 

あなたは、これもできない、あれもできない、それもできないと、様々なところで自信を失っていませんか?

自信を失ってしまっている人の多くは、全てにおいて高い水準を求める傾向にあります。

すべてにおいて他人に勝りたい、すべてにおいて成功したい。そうした思いを持つ為に、あらゆる事で周りと比較し、そして自信を失ってしまう人が非常に多いものです。

ですが、全てにおいて高い水準で成果を出せる人は、いわゆる「天才」です。

そのような人は世界中を見回しても一握りです。

 

そうではなく、自分が本当にこだわるものは一つに絞りましょう。

こだわるものは、今、取り組んでいる事のごく一部でも構いません。

例えば文章を書くという仕事であれば、構成を考えることだけは誰よりも素早く書くことができる、または特定のジャンルであれば誰よりも質の高い文章が書けるといった具合です。

そうして、それ以外でのこだわりは手放してしまうのです。

 

誰よりも素早くかけるのであれば今は質を意識しないし、特定のジャンルが得意なのであれば他のジャンルは無知でも構いません。

その割り切りが、自信をつけ始めるタイミングでは大切なのです。

そうすることで気持ちが軽くなりますし、集中して自信をつけていく事ができます。

 

他人と比較する事も手放す。自分だけにフォーカスする事が自信をつける第一歩です

他の人と比較する事や周りから優秀だと思われたいという思いを手放す事も大切です。

これも上記で述べましたが、他人と比較していてはいつまでたっても自信はつきません。

世界中を探せば、どこまで行っても上には上がいるものです。

ですから、周囲と比較していては、身につく自身も身につかなくなってしまいます。

その為に必要な事は、あなたの自信を失わせてしまうような人との関係を手放す、もしくは距離を置く事です。

 

いつもダメ出ししてくる上司がいるのであれば、その言葉を聞く事を手放しましょう。

いつも自慢ばかりしてくる同僚がいるのであれば、その人との付き合いを手放しましょう。

大切な事は、あなたが自信をつける事です。

それを妨げてしまうような事象からは、全て距離を置くようにしましょう。

 

少し過激な言い方かもしれませんが、自信をつける為にはそれくらい大きな変化が必要なのです。

少しずつ変えようと思ってもなかなか変わりません。

変えるのであれば大胆に。

そして、その行動をとった事自体が、あなたにとっては一つの成功体験なのです。

 

今からできる、自信をつける為に行う事② 言葉を変える

言葉はすぐにでもできる自信をつける為の変化

自信をつける為には、ポジティブでいる事も大切です。

「自分はだめな奴だ」と思いながら「自分なら大丈夫」と自信を持つ人はいないでしょう。

逆に、「自分なら大丈夫」と自信を持ちながら自分にはできないという考え方を持つのは、あまりにも矛盾しています。

ですから、あくまでもポジティブに前向きでいる事も、自信をつける為に必要な事です。

そして、前向きな気持ちを持つ為にすぐにできる事は、言葉を変える、という事です。

 

あなたが発する言葉は、他でもないあなた自身が最も多く聞いています。

そして、その言葉にネガティブな思いが多く含まれていると、人は気持ちまでネガティブになってしまうものです。

まずは心の中だけでも構いません。

言葉を変える事を意識していきましょう。

 

でも、ではなくだからこそ。意図的にポジティブな言い回しに変える事が自信をつける秘訣

言葉を変える必要性は分かっても、実際にどう変えればいいのか、というのは難しい問題ですよね。

そこで、ここでは気持ちを前向きにする為に意識するといい言葉をご紹介します。

振り返ると、ついつい使ってしまう言葉も多いはずです。

 

でも⇒だからこそ

つい、人が使ってしまう言葉の代表格として「でも」という言葉があります。

この言葉は、多くの場合で否定的に使われます。

否定的な言葉を使った時点で、気持ちはネガティブになってしまうのです。

そのような時は「だからこそ」という言葉に変えてみましょう。

「だからこそ」という言葉の後に続くのは、基本的にポジティブな言葉です。

 

「仕事が忙しい。だからこそ、効率的な仕事術を身につける」

「勇気が出ない。だからこそ、できることから取り組み始める」

 

といった具合に、接続詞を「だからこそ」に変えるだけでも大きな変化が起こるはずです。

実はこのコラムでも、「だからこそ」という言葉を多く使っているのですよ。

 

気弱、行動力が無い⇒慎重、思慮深い

こちらは言い換えの例です。

これについて説明する前に予め知っておいてほしいのですが、全てにおいて、今、起きている事象というのは「事実」にすぎません。

 

作業に時間がかかっているのであれば、例えばそれは、「作業時間が30分である」という事実がそこにあるだけです。

それが早い、遅いと捉えるのは、その事実に対して異なる視点から見ているから感じ方が異なるだけなのです。

そして、この「見方を変える」という事が、自信をつける為に必要な事なのです。

 

作業時間が30分で行ったという事実があるのであれば、それだけ慎重にやっているのかもしれません。

同じ作業を10分でやっている人は雑にやっているのかもしれませんし、正規の手順を踏まずにリスクや他の人への負担を増大させているのかもしれません。

この場合は、30分という時間でも丁寧に、ミスなくこなせているほうが立派です。

このように、同じ事象に対してどのような角度から見るかによって、捉え方は大きく異なります。

それであれば、自分にとってポジティブになるような捉え方をしてきましょう

 

今からできる、自信をつける為に行う事③ 背筋を伸ばし、笑顔を作る

心と体は連動している。前向きな気持ちを持つ為には前向きな行動が大切

気持ちが高揚している時に、顔が沈んでいる人はいません。

逆に、気持ちが沈んでいる時に明るい表情をしている人も、基本的にはいません。

また、気持ちが沈んでいる時でも笑顔を作り、そして身体を動かす事を意識していると、自然と気持ちが高まってきますし、気持ちが高揚している時に部屋の隅で縮こまっていたらだんだん気持ちは落ち込んでいきます。

 

このように、心と体は連動しているものです。

その為、できるだけ笑顔でいる事、そして明るい立ち居振る舞いをするだけでも、気持ちは前向きになります。

 

そこで、日頃から背筋を伸ばし、口角を上げる事を意識してみましょう。

背筋を伸ばす事で、目線を下から前に向ける事ができます。

口角を上げる事で、気持ちを明るくする笑顔を作る事ができます。

これを実践するだけでも、少しずつ気持ちが沈む事を抑え、そして前向きな気持ちになりやすくなるのです。

 

今からできる、自信をつける為に行う事④ 成功体験を積み重ねる

自信をつける為に最も必要な事は成功体験を重ねる事。でも成功の定義とは?

自信をつける為に最も重要な事、それは成功体験を積む事です。

「自分にはできる」と自信をつけるという事は、過去にできた実績があるから、できると思えるのです。

ですから、自信をつける為に最も意識すべき事は、成功体験を積む事なのです。

 

とはいえ、いきなり成功体験を積むというのは難しいですよね。

そこで提案したいのが、「成功」の定義を変えるという事です。

 

あなたにとって成功とは何でしょうか?

大きな営業成績を上げる事?ミスのないプログラムを作る事?

これらは確かに成功と言えるでしょう。ですが、思い出していただきたい事があります。

それは、自信をつける為に大切なのは、他人の影響を受けない範囲で取り組める事にフォーカスするという事です。

 

営業で受注成果をあげるという事は大きな成功体験ですが、受注できるか否かは相手がいる事です。

それよりも、今日一日で50件の飛び込みをするとか、100件のテレアポをするとか、そうした自分がやれば達成できる目標を立て、そしてそれを達成する事。それが自信をつける為の成功体験には必要な事です。

 

始めは達成できる目標を立てましょう。達成したら少しずつ上げていきます

自分で掲げるハードルも、いきなり高くする必要はありません。

一日50件が難しければ10件でもいいのです。

今日10件の飛び込みをする事ができた、明日は11件飛び込んだ、明後日は12件飛び込んだ。

その積み重ねが大きな成功体験となって、自信につながっていくのです。

 

この時、周りからその目標は低すぎるだろうと言われても気にする必要はありません。

テストで30点しか取れなかった人が50点をとれるようになったら、それは成功です。

仕事で10件のミスがあった人が9件しかミスをしなかったら、それは成功です。

このように、できる範囲から少しずつステップアップしていく事で、成功体験を積み上げていく事ができます。

 

成功の定義を変えていきましょう。その考え方の転換が、自信をつけていく為の近道となります。

 

今からできる、自信をつける為に行う事⑤ 上記にあげた事の一つを実践する

まずはやってみる、そこから自信をつける為の新しい世界が開けていきます

ここまで、自信をつける為に行う事を4種類ご紹介してまいりました。

5番目に紹介するのは、これらの内のどれか一つでもいいから実践するという事です。

自信をつけたいと思っても、実際に自信をつけられる人はおよそ2割しかいません。

それは、実際に行動に起こす人が少ないからです。また、継続できる人が少ないからです。

 

欲しい成果を手にする為には、実際に行動する必要がありますし、それを継続する必要があります。

ですが、それを実際に行うのは意外と難しいものです。

だからこそ、世の中には自信がないという人が多いのです。

 

まずは一つでもいいから実践していきましょう。

それが、自信をつけるために行う事の5つ目です。

 

まずは踏み出す勇気。それこそがあなたにとって大切な成功体験になります

5番目は少し厳しい言い方になってしまいましたが、不安に思う事はありません。

誰しも、新たに取り組むという事は難しいものです。

だからこそ、できるだけハードルが低いところから始めていきましょう。

始めは自分でも違和感があるかもしれませんが、その違和感こそが重要なのです。

 

これまで自信がなかった自分が、自信をもっている自分になる訳ですから、そこに違和感があるのは当然なのです。

むしろ、違和感が無かったら既に自信を持っていたか、もしくは自信を持つための行動に取り組めていないかのどちらかです。

 

違和感を楽しみながら、一歩を踏み出しましょう。

その踏み出した一歩も、あなたにとって大切な成功体験になるのです。

 

自信をつける為に行う事 まとめ

ここまで、自信をつけるために必要な事を紹介してまいりました。

多くの事を書きましたが、大切なことは他の人と比べのではなく自分にフォーカスする、そして自分の「今」に合わせて目標設定を行い、成功体験を積んでいく事です。

その積み重ねが「自分ならできる」という意識になり、そして自信へとつながっていきます。

 

大きく歩みを進めるのではなく、小さく歩みを進めることを意識しましょう。

自信を持って過ごしている人達は、日々の積み重ねが大きな成果に結びつくことを知っています。

うまくいかない人たちは、いきなり大きな成果を得ようとして躓いてしまいます。

ですから、毎日気づいた時に背筋を伸ばす、笑顔を作ってみるという事が大切になるのです。

 

これらの事を一週間でも意識して取り組むことができれば、変化が起きてくるでしょう。

ぜひ実践してみてくださいね。スーツ姿の男性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*