仕事で萎縮しないための心を強くする唯一の方法

仕事で萎縮しないための心をつよくする唯一の方法

 

この記事では

  • 『なぜ、仕事で上司や先輩に萎縮してしまうのか』
  • 『仕事で、上司や先輩に萎縮しないための方法』

についてご紹介します。

 

上司や取引先が怖くて会社に行くのがゆううつ…

そうした悩みを抱えながら仕事をする人が増えています。

もしかしたらあなたにも、そのような経験があるのではないでしょうか?

 

上司や先輩に対してずっと気持ちが萎縮しながら仕事をしているのは、とてもつらい事ですよね。

ですが、このページを開いたあなたはきっと乗り越える力があります。

なぜなら、「もっと強くなりたいと願う」あなたがこのページを開いているからです。

 

はじめから無理だと思う人には乗り越えることができませんが、萎縮する気持ちを乗り越えようという気持ちがあれば、人は乗り越えることができます。

大丈夫。

あなたなら確実に乗り越える事ができます。

ぜひ、仕事で萎縮しなくなり、自分に自信がつき仕事・人生に充実した自分を思い描きながら読み進めてください。

それでは、『仕事で萎縮しないための心を強くする唯一の方法』をご紹介していきます。

 

萎縮してしまうのは怒られている対象を見誤っているから

人はなぜ仕事になると萎縮してしまうのでしょうか?

また、どのような時に萎縮してしまうのでしょうか?

 

例えば、人は誰でも仕事をミスしたり至らない点があったりして、上司から怒られる経験をしているものです。

一度だけであればよいのですが、それが積み重なってくると、次第に「また怒られるのではないか」という恐怖心が芽生えてしまう場合もあるでしょう。

そうして、上司が声をかけてきた時や、もしくはこちらを向いた時に気持ちが萎縮してしまう、というケースがよく見受けられます。

 

ただし、同じように怒られても全く委縮することなく仕事に戻れる人もいます。

この「萎縮するか」「萎縮しないか」の違いはどこから生まれているのでしょうか。

それは、怒られていると感じている対象が異なっているからこそ、起こっているのです。

 

あなたは怒られた時にどう感じるでしょうか?

「自分はダメなやつだ、仕事ができないやつだ」と受け取って萎縮していませんか?

怒られているのだから普通はそう思うだろうと考えるかもしれませんが、すぐに萎縮しないで立ち直れる人はそう捉えていない事が多いのです。

 

実は萎縮することなく仕事をこなせる人は、怒られている時も自分自身は悪くないと捉えています。

もちろん、怒っている上司が悪い訳でもありませんし、他の人に責任を擦り付けている訳でもありません。

悪いと捉えているもの、それは手段や考え方です。

 

萎縮してしまう人は、怒られている時に自分の人間性を否定されていると捉えてしまいがちです

ですが、萎縮しないで仕事に戻れる人は、やり方が悪かった、考え方が悪かった、だからそれを変えていけばいいと捉えています

この違いは大きな差を生み出します。

 

なぜなら、前者は気持ちを下げてしまうのに対して、後者は気持ちを上げていくことができるからです。

その結果、怒られた後も萎縮することなく仕事に戻ることができるのです。

萎縮してしまうことで生じる悪循環とは

上司や先輩に仕事上で怒られてしまい萎縮してしまうと、どのような悪影響が考えられるでしょうか?

まず、萎縮してしまうことで考えられる悪影響が『コミニュケーションが滞る』ということです。

上司や先輩から仕事上で怒られることで萎縮してしまう人は、先ほども述べたように『自分の人間性を否定されている』ように感じてしまいます。

このような場合、業務で重要な『報告・連絡・相談』をする際に、「また怒られるんじゃないか・・・」と考えてしまい活発なコミュニケーションを難しくしてしまいます。

上司・先輩とのコミュニケーションが滞ることで何が起こるか・・・

もうお分かりかと思いますが、上司や先輩とのコミュニケーションが滞ることで、業務上の指示や指導がタイミングよくできず、業務の遅延につながり、また上司や先輩から怒られてしまう。

上司や先輩から怒られることで、また萎縮してしまう・・・

このように一度でも萎縮するマインドを持ってしまうと、自分の仕事に対する『やる気』を下げる悪循環に陥ってしまうのです。

そうならないためにも、仕事で萎縮しない方法を身につけ、悪循環に陥る前に対処することがより良い仕事環境にもつながってくるのです。

萎縮してしまう心を強くする唯一の方法は自信をつける事

怒られたわけでもないのに、なぜか萎縮してしまって何も言えなくなってしまう、という方もいらっしゃいます。

こうした人たちに共通するのは、過去の体験の積み重ねから自分に自信が持てなくなってしまい、結果として気持ちが萎縮してしまっているという事です。

 

振り返ってみていただきたいのですが、幼少期や学生時代に、自分はダメだ、落ちこぼれなんだと思った経験はないでしょうか?

スポーツや勉強、もしくは試験の合否など、学生時代を送っていると自信を失いやすい機会は数多く存在します。

そうした時に、やはり自分の人間性を否定されたと捉えてしまうと、社会人になってもどこか自信がない、誰と話していても気持ちが萎縮してしまうという事が起こりやすいものです。

 

ですから、どうしても気持ちが萎縮してしまうという方は、自信をつけていくことが重要です。

それさえできれば、自信が気持ちを大きくしてくれ、そして萎縮することがなくなっていくのです。

 

それでは自信をつけるためにはどうすればよいのか、それは仕事に取り組みながら提案や発想が浮かんだ時に、まずは気軽に話せる人に相談してみる事です

上司というのは、基本的に指摘をしてくるものですし、それが仕事でもあります。

ですから、いきなり上司に提案をしても怒られはしなくても批判はされてしまうでしょう。

その前に身近な人に相談してみる事でフラットな意見を聞く事ができますし、仮に異なる意見が出てもダメージは小さくて済みます。

 

また、事前にしっかりと調べてみることも大切です。

思いのほかあなたが考えた提案を、他の企業などでも同じように考え、そして実行しているというケースも少なくありません。

もし無ければ、あなたのその発想は今までの世の中にはなかった新しい発想です。

実は、あなたは他の人が思いつかないような新しい発想を生むことができる人なのかもしれません。

それらは、事前に調べてみることで発見できます。

 

どちらのケースでも、あなたの発想を後押しし、そして自信につながりますから、一度試してみるとよいでしょう。

 

【仕事の状況別】萎縮してしまう理由と乗り越える方法

職場の上司に対して萎縮してしまう理由と乗り越える方法

仕事において上司に対して萎縮してしまうのは、基本的に自信の無さから生まれてくるものです。

ですから、まずは自信をもつことから始めると乗り越えていくことができます。

 

その場合に心がけておくとよいのは、気持ちが萎縮してしまった時の対策です。

仕事で気持ちが萎縮してしまうのは受け入れつつ、その後でどうするかを考えておくことで、必要以上に自信を無くしてしまう事を避けることができます

 

自信というのはコップに入った水のようなもので、自信が着く行動をとれば次第に水は溜まっていきますが、自信を失ってしまう行動をとるとコップの底から水が抜け出てしまいます。

ですから、気持ちが落ちているなと感じたら空いた底をふさぐ作業が必要なのです。

 

また、コップの水はすぐには溜まりませんから、自分はできるんだと思える行動を毎日少しずつ溜めていくようにしましょう。

 

仕事上の取引先に対して萎縮してしまう理由と乗り越える方法

取引先に対して萎縮してしまうケースもあります。

この場合は、一概に仕事の上司と同じ理由からとは限りません。

それは、もし失敗したら取引が中断されてしまうという恐怖心からくることもあります。

ミスをしない様に、機嫌を損ねない様にと考えすぎるあまり、つい気持ちが萎縮してしまうのです。

 

この場合の対策としては、事前準備が重要です。

特に萎縮しやすいのは、取引上でミスをしてしまった時や、取引内容の進捗が思わしくない時でしょう。

そのような時でも、事前準備を行う事で自信が生まれ、乗り越える事ができます。

そのためにも、話す内容は言い訳で固めるのではなく、事前に分析、反省を行った上で、対策を準備しておく事が重要です。

企業単位でもミスや失敗は起こるものであり、大切なことはそこからの対応のうまさです。

だからこそ、何を言われても対応できるように準備を行い、また挽回できるような案を考えておく事が重要なのです

 

また、新規の商談に臨む場合は上司と同じように考えるとよいでしょう。

仮に否定されても、それは商品や話す順番、話す内容に問題があったのであって、あなたという人間性を否定されている訳ではないのです。

ですから、失敗した時は反省すべきことを反省して、次に進んだ方が生産的です。

 

それでも萎縮してしまう時に発するべき魔法の言葉、「ありがとう」

ありがとう

それでも萎縮してしまって、どうにもならないという事もあるかもしれません。

そのような場合に、たった一つだけ、これだけは心がけたい事があります。

それが「ありがとう」という言葉を使うという事です。

 

相手に感謝をする「ありがとう」という言葉は、それだけで自己否定から自分を守ってくれます。

そして、気持ちを前向きにしてくれる魔法の言葉です。

 

何に対してありがとうと伝えているのか、初めは分からなくても構いません。

ですが、日々の出来事に対してありがとうと伝えていくと、次第に気持ちが前を向いていくのが分かるでしょう。

 

また、ありがとうという言葉は周りに影響されることなく、自分が意識を持つだけでできる事です。

その積み重ねが、また自信につながり、萎縮する事の無い気持ちを身につけることができるようになるでしょう。

 

『仕事で萎縮しないための心を強くする唯一の方法』まとめ

萎縮しながらいつまでも仕事をするという事はとてもつらい事です。

また萎縮してしまう気持ちは心の癖でもありますから、仕事場を変えても同じことを繰り返してしまいがちです。

ですから、治すぞと決めた時が治すタイミングです。

 

初めは、なかなかうまくいかないかもしれません。

変わろうとすると、何かしらの障害がでてくるものです。

ですが、障害を障害として捉えることができれば、後はそれを乗り越えることで成長していけます。

仕事で萎縮してしまう気持ちも同じように乗り越えることができるのです。

大丈夫。

あなたなら確実に乗り越える事ができます。

この記事があなたの人生のお役てたてることを切に願います。

 

あなたは「仕事ができない。。辛い。。」といった感情をもち悩んでいませんか?
この記事を読み、そこに書かれた3つの方法を実践するだけで、あなたのそんな感情を消し去る事ができます。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*